ヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」が2018年10月に法人向けプランの最初の更改時期を迎え、日経 xTECHが独自に調査したところ、レンタル契約の更改を予定する企業は15%であると分かった。開発元のソフトバンクロボティクスは「ヒト型」を諦めないと前向きだが、市場拡大に向けて課題は少なくない。その1つがアプリ開発者にとって、Pepper向けアプリを開発するモチベーションが下がっていることだ。

Pepper市場拡大に欠かせぬアプリ、だが……

 ソフトバンクロボティクスは、Pepperの利用者にプログラミングの専門知識がなくても、接客や受付といったPepperの一連の動作を同社やサードパーティーのアプリをつなぎ合わせて開発できるツールを用意している。同社は業務系やエンターテインメント系を中心に160個以上のアプリを提供している。

 加えて、サードパーティーが開発したアプリ向けマーケットプレイスの「ロボアプリマーケット for Biz」を用意し、Pepper利用企業とアプリ開発企業を橋渡ししている。ただロボアプリマーケット for Bizに登録されているサードパーティー製アプリは2018年10月24日時点で32個であり、決して多いとはいえない状況だ。

 一方、Pepperの各社各様の業務利用を考えれば、汎用アプリでは限界がある。必然アプリ開発会社にPepperを自在に動かせるように個別開発を依頼するケースは少なくない。ソフトバンクロボティクスもアプリ開発会社の開拓や市場の醸成には注力しており、コンテストなどを実施してきた。アプリのマーケットプレイス、ひいてはアプリ開発会社の育成と成長はPepperの販売拡大に欠かせないピースだからだ。

 スマートフォンの市場成長を振り返っても、アプリ市場が貢献するところは大きい。端末自体にポテンシャルを見いだしたからこそ、アプリ開発者はガラケー向けアプリ開発を捨て、こぞってスマホアプリの開発に注力した。アプリ市場が拡大するとまた端末の魅力が増し、さらなるアプリ開発者を呼び込む。このエコシステムが存在してこそ、製品市場は大きくなるのだ。

開始後1年は「Pepperバブル」

 「Pepperの開発案件の問い合わせは、2015~2016年は毎月数件は必ずあった」。Pepper向けアプリ開発の認定パートナーの1社であるイサナドットネットでPepperの事業開発担当を務める谷野良樹氏はこう振り返る。同社が開発したPepper向けアプリは2015~2016年で15案件を超え、「まさにバブルだった」(谷野氏)。それが「現状でほとんど問い合わせがない」(同)という。当時エンジニア8人だったPepperの開発体制は現在1人にまで減った。

 アプリ開発会社から見れば、新しい端末はどれも「試用→提案→改良」のプロセスを繰り返しながら育てていくものだ。スマホもPepperもVR(仮想現実)デバイスも、顧客の課題を解決するためのツールの1つにすぎない。その端末やソフトウエアで顧客獲得がかなわなければ、開発リソースを減らすのは当然である。「開発者から見て、Pepperは開発に率先して乗り出せるようなエコシステムができあがっていない」。同社のソフト開発エンジニアである二口俊介氏は現状をこう指摘する。

 エンジニアから見ると、現在のPepperの仕様には限界があるという。「Pepperの魅力でもあり、同時に難しさでもあるのは『ハードウエアである』こと」(二口氏)。ハードウエアであるがゆえに、ソフトウエアのように頻繁に更新できない。「カメラの品質が悪い、スピーカーが悪い、聞き取り精度も悪い、といった課題をすぐには解決できない」(同)。顧客の求めに応じて、カメラやセンサーなどを追加せざるを得ないケースもあったという。

 「そもそもPepperが会社を変えてくれるのではないかといった過度な期待もあったように感じる」。谷野氏は当時の顧客企業をこう振り返る。Pepperを使えば新しい取り組みができると思い、Pepperを使うこと自体が目的になっていた側面があったという。「物珍しさをフックに、商品を覚えてもらったり、商業施設に来てもらったりというのは無理があった」(谷野氏)。

 裏を返すと、課題が明確で、その解決のためにPepperを導入した企業はPepperを有効活用していると話す。好例が、同社がPepper向けアプリを開発した佐川急便だ。佐川急便はJR東京駅で一時荷物預かりなどを担う「TOKYO SERVICE CENTER」にPepperを配置。荷物を発送する企業という印象が強い同社が、荷物預かり事業も営んでいる事実をアピールするのに一役買っているという。駅の通路は目的地に向かって移動する人が大半であり、Pepper配備前はなかなか注目されず、従業員が呼び込みをしていた。Pepperを置いたところ、足を止める人が増えるなど効果があったという。

佐川急便がJR東京駅の一時荷物預かり所に設置したPepper
(出所:佐川急便)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら