デジタル化へのニーズが高まり、ITエンジニアに求められるスキルやノウハウも変わりつつある。実務知識や保有スキルの証明手段の1つであるIT関連の資格も、こうしたトレンドと無縁ではない。日経 xTECH会員へのアンケート調査を基に「いる資格」「いらない資格」をあぶり出した。

 IT関連資格の取得動向を明らかにするため、「IT資格実態調査」として2018年8月、Webサイト「日経 xTECH」でアンケートを実施。読者会員1004人の回答を得た。編集部がピックアップした47種類のIT資格について、保有状況や役立ち度合い、取得意向を調べた。

 まず、回答者が保有するIT資格の動向を見よう。

最も伸びたのは基本情報技術者

 回答者が保有しているIT資格を全て挙げてもらい、20人以上が保有するものについて、多い順に並べた。

保有する資格
「保有している」という回答が20人以上だった資格を示した
[画像のクリックで拡大表示]

 1位は「基本情報技術者」で637人が保有、全回答者1004人に占める取得者の割合を示す「回答率」は63.4%に上る。2位は49.9%(501人)で「応用情報技術者」。3位は「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」で25.7%(258人)だった。

 それでは、保有者が増えているIT資格はどれか。2017年7月に実施した前回調査の回答率との差分で比べてみよう。回答率が最も伸びたのは「基本情報技術者」でプラス5.6ポイント。「情報処理安全確保支援士」がプラス4.4ポイントでそれに続いた。

 今回のアンケートで選択肢として用意した47種類のIT資格の回答率の伸びは、平均でプラス1.16ポイントだった。47のうち12のIT資格が、前回から回答率を落とした。減少幅が最も大きいのは5位の「ネットワークスペシャリスト」で、マイナス2.1ポイント。昨年の同率3位から後退した。

ITILとOracleが取得者比率でベスト10入り

 IPA(情報処理推進機構)の資格が上位を占める傾向は前回同様だ。民間資格では、「ITIL系(ITILファンデーション試験など)」が18.0%(181人)で6位に、米Oracleの「オラクル データベース分野(ORACLE MASTER、認定MySQLなど)」が16.1%(162人)で8位に入った。いずれも回答率の伸びはプラス3.4ポイントと、底堅さがうかがえる。

 民間資格で最も回答率を伸ばしたのは、米Microsoftの「マイクロソフト サーバー分野(Windows Serverなど)」でプラス4.2ポイントだった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら