トヨタ自動車は、MaaS(マース/マーズ、Mobility as a Service)時代の主役たるオペレーター(運営者)ではなく、支援側に回る。コネクテッドカーや自動運転車、その管理基盤を開発し、MaaS運営者に提供する「B2B」の「プラットフォーム」を作り上げる(図1)。

[画像のクリックで拡大表示]
図1 MaaSでトヨタが狙うB2B領域
MaaS運用者に自動運転車の管理基盤を提供する。写真はトヨタ社長の豊田章男氏。(写真:トヨタ)

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら