「次のメルカリ」のコンセプトモデルだという「mercari X」。ブロックチェーンを応用したフリマアプリの試作版である。同社が2018年10月4日に自社イベントで公開した情報以外にmercari Xを知る手がかりはなく、その中身は謎に包まれている。

メルカリの秘密プロジェクト「mercari X」で開発したCtoC取引の試作アプリ
[画像のクリックで拡大表示]

 メルカリは「mercari X」の開発を通じ、フリマアプリに代表されるCtoC取引の将来像をどのように描いているのか。公開情報と推測を交えて分析してみたい。

 メルカリの金融子会社メルペイの曾川景介CTO(最高技術責任者)はmercari Xについて、「任意の2者間で行われる価値交換に必要なリスティング(出品)とエスクロー(第三者預託)をプロトコルとして定義し、価値交換のモデルを確立することを目指している」としている。

 ブロックチェーン上で生成したデジタルトークン「メルコイン(mercoin)」を取引の媒介に、基本的なCtoC取引の機能を提供するという。

ブロックチェーン上で、出品やエスクローなど価値交換に必要なプロトコルを定義したという
[画像のクリックで拡大表示]

 mercari Xのコンセプトを紹介する英語文には、「Blockchain」「Cryptography」「User Experience」などの一般用語とならび、「Decentralized Escrow」「Mercoin Economy」といった言葉が書かれている。

「mercari X」のコンセプト
[画像のクリックで拡大表示]

「Decentralized Escrow」とは

 Decentralized Escrow(分散エスクロー)とは何だろうか。まずエスクローとは、買い手と売り手の間に第三者が介在し、代金と商品の交換を保証する仕組みのことだ。

 エスクローの仕組みを簡単に説明しよう。まず買い手は商品の代金をすぐに売り手に渡さず、第三者に預ける。第三者は代金を預かった旨を売り手に通知し、通知を受けた売り手は買い手に商品を送る。商品を買い手が受け取ったら、買い手はその旨を第三者に通知する。第三者はそこで初めて、売り手に代金を渡す。メルカリのフリマアプリの場合、メルカリ自身が第三者となってエスクローを実施する。

 こうしたエスクローの仕組みは、ブロックチェーンのマルチシグ(Multisig)機能を使えば、容易に実現できる。マルチシグとは、複数の秘密鍵で電子署名をして初めて取引が成立するように設定する機能だ。

 マルチシグを使ったエスクローの概要はこうだ。まず売り手、買い手、第三者がそれぞれ秘密鍵を持ち、うち2つの鍵で署名すれば代金送付の手続きが完了するよう設定にする。

 売り手と買い手が合意してそれぞれの秘密鍵で署名すれば、代金の送付を完了できる。売り手と買い手の意見が対立するトラブルが起きたときに限り、第3の鍵を持つ第三者が介入する。

 通常のエスクローと異なり、第三者の介入をほとんど意識せずに取引を完了できるのが利点だ。メルカリではなく他のユーザーが第三者として関与することもあり得る。メルカリのような中央集権的な第三者がほとんど介在せず、ブロックチェーン上で安心して取引できるのが分散エスクローの趣旨だろう。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら