この連載では、日仏友好160周年を機に、パリ市内の近現代建築30件を巡っている。

直筆パリ市内建築マップ(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回はセーヌ川東寄りの4件と、30選に含まない「おまけ」2件を紹介する。下記のエリアだ。

今回リポートするエリア(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

16.シネマテーク・フランセ(フランク・ゲーリー、1994年)

 前回の最後に紹介した「フランス経済・財務省」から南東へ500mほど。フランク・ゲーリー氏の設計で1994年に完成した「シネマテーク・フランセ」がベルシー公園内にある。

フランク・ゲーリー氏が設計した「シネマテーク・フランセ」(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 竣工時の「アメリカン・センター」という名前に記憶のある方もいるだろう。もともとはアメリカ映画を中心とする芸術文化施設として建設された。竣工時は400席の劇場、多目的ホール、オフィス、ギャラリー、図書館、レストラン、アーティスト用のアパートなどから成る複合施設だった。

北西側の壁面見上げ。1994年の完成時は「アメリカン・センター」という名前だった(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

西側の文化施設入り口(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 運営がうまくいかず、わずか2年後に閉館。長らく使われずにいたが、フランス政府が出資して、2005年にシネマテーク・フランセとして再開業した。

 ライムストーンの外壁で、キュビズム(立体派)のような彫刻的外観をつくっている。確かに「ゲーリーらしさ」はあるのだが、後述するゲーリー氏設計の「フォンダシオン・ルイ・ヴィトン」(2014年)を先に見てしまうと、「あれ、この程度?」と思ってしまう。詳細は後日改めて書くが、写真を1枚だけ載せておく。

ブローニュの森に2014年に完成したゲーリー氏の近作、「フォンダシオン・ルイ・ヴィトン」。これは圧巻!(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 両方の施設を見るならば、先にシネマテーク・フランセを見ることを薦める。時代順に見ることで、この20年の間にどれだけ3次元の解析技術が進み、ゲーリー氏の発想が飛躍したかが分かるだろう。さらにいうと、日本の神戸にあるフィッシュ・ダンス(1987年)も見ていくと、よりフォンダシオン・ルイ・ヴィトンを見たときの感動が増すだろう。

神戸・メリケンパークにあるフィッシュ・ダンス。ゲーリー氏の設計で1987年に完成(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら