2018年は日仏友好160周年に当たる。無名だった坂倉準三が1937年に「パリ万国博覧会日本館」の設計で建築部門グランプリを受賞し世界的名声を得るなど、日本とフランスの建築界は深い関係にある。日仏友好記念企画の一環として10月10日から、パリの現代建築のシンボルともいえる「ポンピドーセンター」で、安藤忠雄展が始まった。それを機に、パリで日本人建築家が手掛けたプロジェクトや、パリで見るべき最新建築、今こそ改めて参考にしたい近代建築を30件リポートする。

パリ近現代建築総まくり!必見30選