「ここは本当に研究所なのか?」──。目の前に広がる円形講義室の様子は、大学の授業風景そのもの。男性がスーツを着ていなければ、会社の中にいるとは思えない。記者は2018年10月末に、この不思議な場に潜入した。

 ダイキン工業は2018年4月、淀川製作所(大阪府摂津市)にあるテクノロジー・イノベーションセンター内に「ダイキン情報技術大学」を開講した。通うのは、大学の開設と同時期に入社したばかりの新入社員351人のうち、理系出身者を中心に希望を募り、自ら手を挙げた100人。そのうち85%が大学院卒、男女比率は4:1だ。

「ダイキン情報技術大学」の授業風景。生徒は2018年4月の新入社員351人のうち、自ら希望した100人。2年間、現場には配属されず、大学通いに専念してAIやIoTを学ぶ。100人は全員が名札を着け、腕章をしている
[画像のクリックで拡大表示]

研究開発拠点のテクノロジー・イノベーションセンター内にダイキン情報技術大学はある
[画像のクリックで拡大表示]

 彼ら彼女らは何と2年間、ダイキン情報技術大学の「生徒」に専念することになる。情報系技術者になるべく、勉学に励む。その間、新人たちは現場に配属されない。学ぶのは主に、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)といった最新テクノロジー、および、ダイキンの主力事業である空調や化学などの業務と技術の知識だ。

授業で学ぶ機械学習の内容は本格的

 取材時の講義は演習形式で、内容はちょうど機械学習だった。しかもかなり本格的なテーマ。この日は「ノイズがたくさんあるデータから外れ値を一発で取り除く仕組み」を考えて、プログラミングで実装するところまでを、100人全員の知恵を結集してクリアするというものだ。AIの授業とはいっても、基礎になるのは数学や数理統計学。機械学習の中身はブラックボックスだったとしても、現場に配属されたとき「今回はどういうデータを選んで使ったのか?」という上司からの質問に数学的な根拠を持って説明できなければ、受け入れてはもらえない。なので最初の半年間で数学と、システムへの実装やデモの作成に必要なプログラミング力をしっかりとたたき込む。

 全員が机にノートパソコンを広げ、お互いに学び合う。寝ている生徒など1人もいない。プログラミングも程度の差こそあれ、全員が当たり前にできるようにならなければいけない。ただ、デジタルネーティブ世代なので、覚えは早いという。生徒たちは積極的に先生に質問に行く。その姿はまさに大学そのもの。広い講義室は熱気に包まれていた。

 大学の設立準備から関わってきた事務局の山下かおりテクノロジー・イノベーションセンター担当課長は「当社にはものづくりの技術者は大勢いる。しかし、情報系のエンジニアは少ない。特にAIやデータ分析を使って問題解決できる人材はほとんどいない。入社してすぐに学び始めた新入社員の成長に期待したい」と話す。

ダイキン情報技術大学を設立した狙い
(出所:ダイキン工業)
[画像のクリックで拡大表示]

テクノロジー・イノベーションセンターでダイキン情報技術大学の事務局を務める、山下かおり担当課長(右)と下津直武担当課長(左)
(出所:ダイキン工業)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら