「今日はどんな話するの?」

 「連載の取材が始まってから、ちょうど1年。いろいろなところで、いろいろな話をしたけど、ここで一度振り返ってみない」。

 ここは、マツダ広島本社の一角。デザインセンターのメンバーが手がけた、「ご神体」と呼ばれる「デザインの素」が並ぶミステリアスなスペースで対談が始まった…。

 デザインテーマ「魂動(こどう)」を打ち出し、近年のマツダの快進撃をデザインで引っ張ってきた人物、前田育男。その革新者が、ものづくりやデザインの第一線で活躍する人々と交わしてきた数々のデザイン論。これまでの出会いを振り返りながら、中学・高校時代の同級生、仲森智博(日経BP総研フェロー)との間で、「相克」を巡る議論が熱く交わされました。

(撮影:栗原克己)

まずは「相克のイデア」というタイトルにふさわしい質問から。前田はこの連載で「純粋にクルマの美しさを追求した1台を作りたい」と何度も言っていた。それは前田個人としての強い思いだと思うけど、でも同時に、企業人として「やるべきこと」と、個人として「やりたいこと」は必ずしも一致しないということもよくよく分かっているわけだよね。で、そこの折り合いは、どうやってつけていこうと思っているの?

前田 悩ましいよね。美しいだけではなく、ビジネス的にも整合性が取れているクルマを作ることが理想なんだけれど、それが簡単にできるほど人間は器用な生き物ではない(笑)。

 だから、今回の連載を通じて様々なお話を聞いたなかで、京都でお会いした真葛窯の宮川香齋さん真一さん父子の「本音の吐露」は、ひときわ心に染みた。海外からの要望に応える形で作った作品(六代宮川香齋作 染付交趾 飾大皿 葛飾北斎 富岳三十六景 神奈川沖浪裏)を見せていただいた時に、「これが、本当に自分たちがやりたいことなのか」って打ち明けられたよね。あれにはグッときた。

(撮影:栗原克己)

「それ、分かる!」って叫んでいたもんね。魂の叫びみたいな感じで(笑)。

前田 アーティストとして自分が美しいと思うものを純粋に追求した作品が、海外で高い評価を受けて、ビジネスがよい方向に回る。それは確かに理想だけど、実際のところ、いきなりそうなるケースは稀(まれ)だと思う。「すごい」と言われるような作品の美しさは、必ず伝わる、海外の方にも絶対に分かってもらえると信じている。だけど、いきなり高い評価を受けられるとは限らない。それこそ認められるまで、市場と折り合いをつけながら作品を作り続けることになるわけだけど、どのように折り合いをつけるかは非常に難しい問題だね。市場を意識しすぎると当初の志と違う方向で評価を受けてしまうかもしれない。一度、違う形で評価を受けると、それを変えることは難しい。

前田は、世界を相手にマツダのブランド・イメージを変えようとしているわけだけど、すでに日本のクルマっていうと、そこそこの価格帯で、出来がよくて、長持ちするっていう評価が海外では定着しているよね。しかも、すべての日本メーカーのイメージがそう。これはこれで、すごいことだとは思うんだけど、ちょっと寂しかったりもする。1台何千万円もするようなクルマを作るメーカーが日本に1つくらいは出てきてほしいなぁと個人的には思うわけ。6月に訪問した武蔵野美術大学 学長の長澤忠徳さんも「マツダはプレミアムカーを作るべきだ」って仰っていたけれど、そこの部分を前田に頑張ってほしいわけよ。

長澤忠徳氏 武蔵野美術大学 学長
(撮影:栗原克己)

前田 確かに、プレミアムカーをプロデュースすることが、将来のマツダブランドの「究極の姿」だろうと思う。実際、マツダで何十年とクルマづくりに携わってきたけれど、マツダの社員って誰も彼も「自分たちの理想に限りなく迫ったクルマを出そう」と本気で考えている節があるし(笑)。そんな熱い思いを持った人たちが集まっているんだから、世の中からチャレンジしてみてもいいよと思ってもらえるようなブランドができたら、もうやるしかない。もちろん、そうなったら最大限の仕事をしようと思っている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら