京都、東山区の「真葛 宮川香齋」。観光客たちの喧騒も届かない静寂の空間で繰り広げられる「デザイン論」は、歴代の名作に囲まれながら、ますます深みを増していきます。 

 デザインテーマ「魂動(こどう)」を打ち出し、広島の自動車メーカー、マツダの改革をデザインで牽引してきた人物、前田育男と、その中学・高校時代の同級生、仲森智博(日経BP総研フェロー)が、300年以上に及ぶ歴史を持つ窯元を継承する父子と語り合う「相克のイデア」。後半が始まります。

(撮影:栗原克己)

宮川真一 今回の取材に先立って、この連載を読ませていただいたのですが、登場していらした方々は「クルマ好き」ばかりですよね。白状しますと、僕も父も、クルマに詳しくはないんですけれど、よかったんでしょうか(笑)。

前田 全く問題ないです(笑)。

宮川真一 とは言っても、一応、自分のクルマは持っているんです。ところが最近、若い人たちとクルマの話をすると、彼らは「クルマは特にいらんし、免許もいらんやん」と口をそろえて言うんです。彼らのような感覚を持っている人たちが日本で確実に増えているように感じます。

前田 おっしゃる通りですね。次の世代にも継承されていくクルマをつくるというのは、すごく難しい課題です。若い人たちのみならず、世の中全体のトレンドが、クルマに興味がない方向に進んでいますからね。

宮川真一氏
(撮影:栗原克己)

そうなった理由って、前田は何だと考えているの?

前田 いろいろあると思うけれど、日本の自動車メーカーが美しいクルマを作ってこなかったことが大きいと思ってる。伝統工芸品のような美しいクルマが次々と現れていたら、それに合わせて街が変わっていたかもしれない。つまり、新たな文化を創り出す役割をクルマが担うことができたのではないかと思っている。そうなれば、若い人たちの興味を、ずっと引きつけることができたはず。

 実は欧州には、まだ「クルマ好き」の若い連中がいっぱいいる。なぜかというと、クルマを格好良く乗りこなしている年配者が多いから。要するに若者が憧れる存在がいるんだね。

個人的にはクルマとは「愛の受容体」なんだと思っているんだけど、最近はその受容体としてのキャパシティが小さくなった気がする。つまり、愛情を注ぎたい気持ちはすごくあるけど、注ぎようがないというか注ぎがいがないというか、そんなクルマが増えた気がするんだよね。街には、似た顔のクルマばかり走ってるし(笑)。まあ、一定数以上売れるクルマを作ろうと思えば、そうなってしまうのは分かるんだけど。

前田 僕は、クルマはもっともっと美しくなれるし、もっと人を魅了できる存在になれると思っていて、それはもう信念だね。そのためにも、我々が積み重ねてきたスキルや思考を少しでも、次の世代に伝えていかなければと。この思いを実践するために「魂動塾」を作ったりしているんだ。

宮川真一 面白そうですね。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら