「きつかったら足を崩してもええよ」
「いや大丈夫。この空間にいると、不思議と心が落ち着くね」

 ここは京都、東山区にある「真葛 宮川香齋(まくず みやがわこうさい)」。その母屋の一角にある茶室に座して、歴代の真葛焼の名作で抹茶をいただくひとときが始まった…。

 約330年の歴史を持つ「京焼」の窯元としての伝統を受け継ぐ、当代宮川香齋と、その嗣子、宮川真一。若かりし頃から茶道や伝統工芸にひとかたならぬ愛情を注いできたコーディネーターの仲森とは、旧知の間柄でもある。今回はそんな宮川父子を訪ね「日本らしさ」や「日本の美意識」について議論を交わすこととなった。 

 デザインテーマ「魂動(こどう)」を打ち出し、広島の自動車メーカー、マツダの改革をデザインで牽引してきた人物、前田育男と、その中学・高校時代の同級生、仲森智博(日経BP総研フェロー)が、伝統工芸の継承者たちと語り合う。「相克のイデア」第10幕、いざ開演!

(撮影:栗原克己)

前田 先ほどのお茶室でのひとときは、素晴らしいものでした。歴代の名作を拝見させていただくという貴重な体験もさせていただきましたし。

宮川真一 ありがとうございます。先ほど見ていただいたものもそうですが、名作とされる焼き物には、どれも作り手の息遣いが伝わってくるような、一種の「ライブ感」があるように感じられませんでしたか。

宮川長造作 信楽土 ワラ灰釉青楓に新月の絵 茶碗
(撮影:栗原克己)

前田 そうですね。年月を超えて、リアルに伝わってくるものがあるように感じます。実を言うと、私自身が海外でも評価していただけるクルマを作ろうと模索していることもあって、明治のころ欧米で高く評価された「横浜真葛」注1)の作品には以前から興味があったんです。初代宮川香山による「蟹」をモチーフにした有名な作品がありますが、どれも実に精巧にできていて、その技巧を前面に出して強烈な印象を与える作品が多いですよね。ですが今、お茶室で拝見した真葛焼の名品は、これまでの印象とはまるで違うものでした。お茶室に合うというか、「奥ゆかしさ」を感じさせる作風というか。

注1)宮川家、真葛焼は祐閑宮川小兵衛政一(こへいまさかず)が、貞享年間(1684~1687)に京都・知恩院門前に居を構え、陶料を商いとしたことに始まる。その後、治兵衛と長兵衛兄弟に分かれ、長兵衛家の長造が東山真葛ヶ原(現円山公園)に窯を開き「真葛焼」が始まった。治兵衛の家系は、今回の六代香齋・真一親子に連なる「京都真葛」と呼ばれ、茶道などの伝統にのっとった作風で、名作・佳作を数多く手がけてきた。一方、長兵衛の家系は、江戸期を代表する名工、長造(治兵衛家の二代香齋らの指導もした)の四男、初代香山の時代に横浜へと移住を果たし「横浜真葛」を始める。横浜真葛は高浮彫と呼ばれる技巧的な作品を多く制作。明治9年(1876)のフィラデルフィア万博を皮切りに、明治後半まで海外の万博で数多くの賞を受賞するが、第二次世界大戦時、空襲により被災、四代香山が復興を志すも死去、その歴史も終焉を迎える。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら