東京都小平市の武蔵野美術大学。休講日にもかかわらずアトリエには制作に励む学生たちの姿がちらほら見えるキャンパスの一角で繰り広げられる「デザイン論」は、深みを増していきます。 

 デザインテーマ「魂動(こどう)」を打ち出し、広島の自動車メーカー、マツダの改革をデザインで牽引してきた人物、前田育男と、その中学・高校時代の同級生、仲森智博(日経BP総研フェロー)が、同大学の学長・長澤忠徳と語り合う「相克のイデア」。後半の始まりです。

(撮影:栗原克己)

一度、デザインに携わっている方に聞いてみたかったんですが、最近よく聞く「デザイン思考」って、結局のところ何なんでしょう? なかなか腑に落ちる説明を聞けたことがなくて。課題解決を図ったりイノベーションを起こしたりするために活用できるデザイナーの思考方法とか、一般には言われているみたいですが。

前田 デザイン思考って言葉自体、僕も含めてプロのデザイナーはあまり使っていないかも。

長澤 デザイナーって、専門分野でもなんでも軽く超えることができるんです。他の職業と違って、何かを作ろうとなったら、どんなものでも使いますから(笑)。それこそプラスチックが使えないんだったら、和紙を使ってみよう、みたいに、越境して作り出すんです。そういった柔軟な考え方が、いわゆるデザイン思考かな、と思うんですよね。

前田 デザイナーにとっては、今さら言葉にする必要もない当たり前の思考方法なのかもしれませんね。

長澤 そうですね。デザイン思考を勉強したからって、デザインができるようになるわけじゃない。あくまで「考え方」です。逆に言えば、そんな簡単にデザインができるわけがない。デザインを構成する様々な専門分野は、ほとんどが自然言語(社会において自然に発生して用いられている言語)がベース。要するに辞書に載っている言葉を使って考えるんですね。デザイナーはそういった、多種多様な専門分野をまとめ、意思や考えも含めて形にする「ナラティブ型」のアプローチが必要とされるのですが、それを可能にしているのは、自然言語では説明しきれない部分をカバーする「造形言語」とも言うべき表現を身につけているからなんです。

長澤忠徳氏 武蔵野美術大学 学長
(撮影:栗原克己)

前田 デザイナーとしてフォルム作りが本分にはなりますが、僕はやりたいことや哲学を表すために言葉も大事にしています。言葉も形の一部。ビジュアルと組み合わせて表現することで、より正確に思いや考えを伝えられると考えています。

長澤 そういった感覚や思考を身につけるには「空気」に触れることが大事になってきます。例えば、武蔵野美術大学に来れば、「美大生らしさ」を持つ学生がたくさんいるんですよ(笑)。休み中でも大学に来て、頼まれなくてもずっと絵を描いているような。課題が出てこなければ何もしないような人は近寄れないくらいの気迫です。そういった、ものづくりに真剣に向かい合っている人たちに接することで、デザインや造形といった世界のリテラシーを身にまとっていけるはず。そんな人、マツダにも山のようにいるでしょう?

前田 いますよ、たくさん。「変態」が最上級の褒め言葉になるような、クルマとクルマ作りが好きで好きで仕方ないやつらが(笑)。

長澤 そんな空気に触れるのは、美大に来る大きな意義のひとつだと思います。ただ、大学はお金を払って苦労する場所なんですよね。企業のものづくりの現場とはそこが異なる。

前田 そうかもしれません。私たちも数年前から広島市立大学芸術学部と共同して「共創ゼミ」を開設しました。そこで社会に必要とされるものづくりを、学生たちに学んでもらおうという活動をしています。自動車メーカーとしてのノウハウも伝えながら、ユーザーやクライアントといった相手のあるものづくりを学んでもらうのですが、活動を続けていくうちに、学生たちのマインドがどんどん変化していく感じが分かる。その様子には、私も大いに刺激を受けています。

長澤 本学でもこの4月から新たに誕生した市ヶ谷キャンパスで、企業と連携した実践的な学びをスタートさせています。そこでは授業やゼミから生まれた事業コンセプトや実践的なワークショップを通じて社会にコミットしていく実験的な場を提供し、学生達に切磋琢磨してもらいたいと考えています。

前田育男氏 マツダ 常務執行役員 デザイン・ブランドスタイル担当
(撮影:栗原克己)

前田 それは興味深いですね。

話は変わるけれど、前田はデザイン部門の責任者として、ある方向付けをする役割も担っているよね。決断をする時に、心がけていることってあるの?

前田 一番求められる資質は「直感力」かな。即断しなければならない場面が多いから。この直感の精度を上げるためには経験がどうしても必要。一つひとつの判断をした後で「あの時はなぜそう思ったのだろう」と、結果の成否も加味しながら反芻し続けることで、次第に自分の中で「基準」ができてくる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら