「前田さぁ、古美術とか興味ある?」「買ったり集めたりしたことはないけれど、美しいものはなんでも好きだよ」。ここは、京都、祇園の一角にある古門前通。江戸時代から続く古美術街として知られるこの通りに店を構える「てっさい堂」が今回の訪問先だ。

 対談相手は、同店で、書画を扱う貴道(きどう)俊行さんと、豆皿や帯留めの収集家でもあるお母様の裕子さん。小さい頃は「カーデザイナー」になりたかったクルマ好きの俊行さんと、古美術商の家に生まれ、ジャンルにとらわれず「美しいモノ」が大好きな裕子さんは、インタビュアーの仲森が若輩の頃からの旧知の間柄。あうんの呼吸の4人が、芳醇(ほうじゅん)な「ものづくり」論を展開していくこととなった。

 デザインテーマ「魂動(こどう)」を打ち出し、広島の自動車メーカー、マツダの改革をデザインでけん引してきた人物、前田育男と、その中学・高校時代の同級生、仲森智博(日経BP総研フェロー)が、京都の「目利き」たちと語りあう。「相克のイデア」第6幕、いざ開演!


(撮影:栗原克己)

前田 ここに掛かっているのが、仲森が持っている良寛注1)の書なのかな?

注1)大愚良寛(たいぐ りょうかん)。宝暦8年10月2日(1758年11月2日)~ 天保2年1月6日(1831年2月18日)。江戸時代後期の曹洞宗の僧侶 歌人。天衣無縫な書は多くの人を魅了し続けている。

そう。てっさい堂さんがお持ちの素晴らしい画や書を拝見させていただく前に、ちょっとだけ前田に自慢したくてね(笑)。表具を替えるために京都の表具師さんに預けていたんだけど、さっき持ってきたんだ。

前田 パッと見の印象で気になったのは、文字とその周りの「間」の取り方。なんとなくだけど、詰まっているような気がする。

すごいところを見るなぁ。これ、詩稿っていって、良寛が詩の草稿を書き付けたノートの切れっ端みたいなものなんだ。当時、紙は貴重品だったから、作品として書いたものより間を詰めているのかもね。

前田 下書きノートだったわけね(笑)。

(撮影:栗原克己)

良寛の書は、書かれた当時から今日に至るまで絶大な人気を保ち続けているけれど、とてもカッコいい流麗な書とはいえなくて、むしろ子供が書いた文字みたい。良寛自身は、相当に書の鍛錬をされた方なんだけど、それをみじんも感じさせないところがすごい。これは下書だから、余計に良寛らしさ全開なんだよね。

前田 うん。稚拙に見えるけど、見ればみるほど味わいが出てくる感じだね。

貴道俊行 「作品について、それに詳しい人に尋ねるより、それが好きで好きでしょうがないという人の話は面白いし、そういう人と一緒に見る機会があれば、何か発見がある」と、父(故貴道昂氏。妻の裕子さんとてっさい堂を始める。書画の目利きとして知られた)が、生前申しておりました。仲森様の様に、その書が好きで、書本位の表装を、延命を、と考えられる方と見るのが、書画や骨董の一番良い見方なのかもしれません。

貴道俊行氏
(撮影:栗原克己)

前田 だったら仲森に感謝しないとね(笑)。それはそうと、先ほどお店の方で素晴らしい陶磁器の数々を拝見させていただきました。中でも印象的だったのが「古伊万里(江戸時代に現在の佐賀県有田町を中心とする地域で製作された陶磁器全般。国内外において骨董的価値を高く評価される)」ですが、あれは江戸時代にヨーロッパに輸出されて大人気となったと聞きました。

貴道裕子 そうですね。海外からのニーズにうまく応えて、高く評価されるようになったんです。

貴道俊行 ただ、ヨーロッパに渡ったものは、全体の中のほんの何割かだけなんですよ。「鍋島焼(鍋島藩直営の窯で製造された高級磁器)」などはヨーロッパには輸出されていないはずです。

貴道裕子氏
(撮影:栗原克己)

前田 そうだったんですね。

柿右衛門(江戸初期の作家、酒井田柿右衛門が創始したとされる大和絵風の図柄を特徴とする磁器の様式)などがヨーロッパに輸出されそこで高く評価されて、「これ、そんなに良いものだったの!?」と日本人が逆に驚く、みたいな感じだったんでしょうね。自分たちの国で作ったものの魅力を海外の人に発見してもらったみたいな。浮世絵にもこの「評価の逆輸入」みたいな現象があったけれど、前田も同じような経験をしたんじゃなかったっけ?

前田 そうそう、魂動デザインを打ち出して最初に発表したコンセプトカー「SHINARI」は、まずイタリアでお披露目したんだけれど、現地のヨーロッパの人たちに「すごく日本を感じさせて、心に響いた」と言われた。その評判を聞いた日本人からは、「へー、そんな評価のされ方をするのか」とびっくりされた。

貴道俊行 なるほど。日本では日本的と思われないものがヨーロッパでは日本的と感じられて、それがすごくいいと認められたんですね。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら