マツダの快進撃が止まらない。

 一時は経営危機に陥った広島の自動車メーカーは、新世代技術「スカイアクティブ・テクノロジー」とデザインテーマ「魂動(こどう)」を両輪に、全車種のラインナップを一新。「人馬一体」と表現される運転する楽しさを追求した車は、世界市場で人気を獲得し、見事な復活を遂げた。昨年発表されたコンセプトカー「ビジョンクーペ」や、次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」などが指し示す、さらなる進化にも大きな期待が寄せられている。

 前田育男。マツダの革新をデザインで引っ張ってきた人物だ。「RX-8」や3代目「デミオ」といった名車のデザインを手がけ、2009年にデザイン部門のトップに立つ。以来、デザインプロセスをドラスティックに変革、「魂動」コンセプトのもと生命感あふれるデザインの車を生み出してきた。さらに、販売店のデザイン、モーターショー会場の監修なども手がけながら、マツダのアイデンティティをデザインで端的に表現してきた。

 現在、常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当を務め、マツダを「豊かな」ブランドにするべく疾走を続ける革新者に聞くのは、ずばり「デザイン論」、テーマは「相克」。伝統と革新、普遍性と時代性、マスとニッチ、合理性と無駄、光と影…。デザインとは、表裏一体、時として相反する命題に向かい合い、1つの「形」にまとめ上げるという宿命を持つ。そのデザインを頼みとし、マツダという会社を通して世界市場へと打って出た前田だけが語り得る「生きた」話の数々。それらが指し示す先には、どのような景色が広がっているだろう。

 インタビュアーを務めるのは、仲森智博(日経BP総研フェロー)。広島で育ち、中学、高校時代は、前田と同級生だったという人物だ。

「それにしても仲森は、あの頃と変わらんねえ」

 学生時代の思い出話も飛び出しながら紡がれる、ホンネの連載。初回は「前口上」だったはずが、のっけから熱い話となりました…。


 久しぶりに会ったわけだし、まずはリップサービスからね。最近、車好きの人と話していると「最近のマツダいいよね」って言われることが多い。特にデザインがいいと。広島で育ったものとしては何やらうれしくなってしまうわけだけど、張本人である前田からすればどう?

前田育男氏
マツダ 常務執行役員 デザイン・ブランドスタイル担当(撮影:栗原克己)

前田 それは純粋にうれしいよ。特に「マツダ」ってところが。少し前だったら、例えば「RX-7いいよね」みたいに、特定の車種を指して褒めていただくことが多かったから。

 その変化にはワケがあるよね?

前田 もちろん。2010年に「魂動デザイン」というテーマを設定して、マツダとして統一性のあるデザインを考えるように変えた。ブランド戦略を考えてそう変革した。その成果が「マツダいいよね」という言葉に集約されていると思う。

 ブランドとしてのアイデンティティを際立たせたいという思いは、日本の他のメーカーだって強烈に持っているはずだけど、成果を出しているところは少ないように感じる。なのに、なぜマツダにはできた?

前田 いい意味で、開き直ったから。

 1996年からしばらくの間、フォードグループの傘下に入っていた頃は、マツダのブランドの方向性はフォードが決めていた。ところが2008年のリーマンショックの影響で経営危機に陥ったフォードが、経営の主導権を手放した。再び独り立ちすることになって「自分たちがどういうブランドなのか」という原点を、改めて考え直さなければならない立場に置かれたんだ。その時「マツダの世界シェアは2%程度。それなら最大公約数を狙うのではなくて、ファンの方たちが心底愛してくれるものづくりをしよう」、つまり車好きのコアな方々に向かって、ものづくりをしようと腹をくくった。

 2009年にぼくがデザイン本部長になってやったことの1つは、一般ユーザーにプロトタイプの感想を聞いて製品に反映させる「市場調査」をやめること。「マスに嫌われないようなデザインを」といった受動的な姿勢でいる限り、ブランドのアイデンティティは確立させられないから。経営状況がひっ迫していて、これから先、生きるか死ぬかもわからないんだったら、マツダの哲学を明確に打ち立てて世に問うてみようと。開き直るしかなかったのかもしれない。個人的には、危機感に加えて、フォード傘下時代に自分たちだけでブランドを作れなかったフラストレーションが、マグマのようにたぎって、ついに爆発した感はある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら