震度5強で吊り天井が崩落したのは、設計者・施工者の責任か。ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市)の事故を巡る裁判で、横浜地裁は2018年5月31日、所有者である川崎市の請求を棄却する判決を下した。市は控訴した。

 天井落下事故が起こったミューザ川崎シンフォニーホール。舞台を取り巻くように約2000の客席を設けた国内でも屈指のコンサートホールだ。最高天井高さ22m、最大スパン36mの大空間は、東日本大震災の揺れで一変した。当時、イベントは開かれておらず、内部にいた作業者は避難して無事だったが、危険な事故だったのは一目瞭然だろう。

東日本大震災の揺れで吊り天井が落下したミューザ川崎シンフォニーホールの内部空間。鋼製下地を含めた天井部材の質量は1m2当たり約90kgあり、客席に利用者がいたら生命の危険があった(写真:共同通信社)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホールは音響効果を重視し、吊り天井に厚さ8mmの繊維混入石こうボードを5枚重ねで用いていた。ボードだけでも1m2当たり68kgに達し、鋼製下地などを含めれば同90kg近い。東日本大震災の揺れで落下した天井は、水平投影面積の54%に達した。

事故直後に撮影された内部。崩落の模様の映像は残っていない。被害報告書によると、揺れを感じてホールから避難した作業者は、逃げる途中でホール内で破壊音が継続して聞こえたと報告したという(写真:川崎市)
[画像のクリックで拡大表示]
被害報告書による落下事故の概要。落下面積は水平投影面積に対して54%に達していた。天井は平らではなく、複数の面を組み合わせた凹凸のある複雑な形状だった(資料:川崎市)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホールは川崎市の再開発事業で完成した文化施設の4階から7階に位置する。建物は鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、地下2階・地上8階建て。延べ面積1万7244m2。竣工は03年12月だ。

 再開発事業では文化施設に隣接して27階建ての業務棟も整備しており、総事業費は約200億円。施行者は都市基盤整備公団(現、都市再生機構)で、設計は都市基盤整備公団神奈川地域支社と松田平田設計が担当。施工は清水建設、大成建設、安藤建設(現、安藤ハザマ)の3社JVが手掛けた。

 地震後、市議会の責任追及は収まらなかった。近隣の地震計の観測結果は震度5強。設計では震度6強にも耐える性能を想定したはずだった。復旧が完了した13年8月、市は設計者や工事監理者、施工者の計8社に復旧費約20億円の賠償を求め、横浜地方裁判所へ提訴した。

横浜地方裁判所で争われた裁判で、原告の市は事故について、設計・施工者の不法行為が原因だと主張した(資料:判決文を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら