米アップル(Apple)が2018年9月21日に発売した「iPhone XS」と「iPhone XS Max」――。XSにL字型の電池セルが採用されていることをX線撮影で確認した編集部は、電池の分解を試みた(関連記事)。

 前編では、XS Maxの巻回型セルを分解した(関連記事)。今回は、ついにXSのL字型セルを分解する。電池の分解には、電池技術に精通しているATTACCATOに協力してもらった。

 XSのセルの公称容量は2658mAh、公称電圧は3.80V。総重量は39.1gである。セルの厚さは約3.78mm。セルから保護回路を取り外すと、正負極のタブが出ているのが分かる。L字型の内側の角部には円弧状の切り欠きがあるのが外装から既に確認できる。

「iPhone XS」のL字型セルと取り外した保護回路
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら