前回の続き

 米アップル(Apple)が2018年10月26日に発売した「iPhone XR」(以下、XR)。先駆けて2018年9月21日に発売された「iPhone XS/XS Max」(以下、XS/XS Max)と見た目はそっくりだが、XS/XS Maxは有機ELディスプレーを採用するのに対して、XRは液晶ディスプレー(LCD)を採用するという大きな違いを持つ。「業界の中で最も先進的なLCD」とうたうディスプレーはどうなっているのか、タッチパネル研究所(本社:東京都八王子市)の協力で分解し、その中身に迫った。

 まずはディスプレーモジュールの“フタ”となっているステンレスと思しき金属板を外す。と、いきなりトラブル発生。iPhone分解に欠かせない極小三又(みつまた)ネジ用のドライバーをうっかり用意し忘れてしまったのだ。やむなく、ニッパーでネジ部分を切っていく。

やむなくニッパーでネジ部分を切る
いきなりトホホな展開に。このネジはiPhoneの組み立てで多用される三又ネジなので、iPhone修理用のドライバーセットがあれば普通に外せる(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]

 金属板を外すと、フレキシブル基板のようなものが現れた。液晶ドライバーICなどの周辺回路と見られる。フレキシブル基板が金属板の穴を通ってメイン基板へと接続する仕組みだ。

フレキシブル基板のようなものが現れた
液晶画面の裏側に折り曲げて納められた周辺回路(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレーモジュールの刻印らしきもの
「F7C8386B6MZJH41AL+T32DHAD542T3A1B11」との文字があった(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]
金属板の裏面
金属板の裏側(ディスプレー側)には電磁波対策シートのようなものが貼られているが、アンテナ用なのか所々に“抜け”が作られている(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら