iPhone XS/XS Maxの発売から遅れること約1カ月、2018年10月26日にiPhone XRが発売になりました。

筆者が購入したiPhone XR
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone Xユーザーである筆者は、iPhone XS/XS Maxの購入は見送りました。iPhone XからiPhone XSの機能アップ部分に魅力を感じなかったこと、iPhone XS Maxのディスプレーサイズだと筆者は片手での操作が困難だと思ったことが理由です。

 見送ったものの、1点だけ気になる機能がありました。デュアルSIM機能です。今回の3機種は、iPhoneでは初めてデュアルSIM仕様になりました。しかも、そのうちの1枚はeSIMです。

 デュアルSIMはAndroidスマートフォンで体験しており、海外に行った際に便利に活用しています。日本の携帯電話事業者のSIMを通話の待ち受け用として挿しておき、現地の携帯電話事業者のSIMを通信用として挿して同時に使う形です。これがeSIMになると、オンラインで現地の契約に変更できるといいます。利便性やコストパフォーマンスは未知数ですが、1度は使ってみたいと思いました。

 そうした気持ちが大きくなり、後から発売されたiPhone XRを購入することにしました。画画サイズやカメラではなくeSIMが目当てのため、少しでも安い端末にしたいという気持ちからです。ただiPhone XRを実際に使ってみると、いろいろと感じることがありました。つい最近まで使っていたiPhone Xとの比較という形で紹介します。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら