2018年10月26日の発売日にiPhone XR(テンアール)を手に入れた。今年の新型iPhoneが発表された2018年9月のアップルスペシャルイベントでiPhone XRを見た瞬間から、自分が買うのはこれだと決めていた。

 だが、iPhone XS/XS Maxよりも1カ月以上遅れての発売だったため、待ち切れなさを通り越して、「今使っているiPhone Xでもう1年いくか」と思い始めていたのも事実。そんな筆者がiPhone XRを買って良かったと感じた点、iPhone Xと比較して残念に感じた点を紹介する。

筆者が購入したiPhone XR(写真:伊藤 朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

カラーバリエーションには目もくれずブラック一筋

 iPhone XRに6色のカラーバリエーションがあると発表されたときには、「(PRODUCT)RED」を買うつもりでいた。しかし、1カ月待たされて冷静になり、これまで購入したアップル製端末と同様に、ブラックを選択することにした。

 発売日の数日前に全6色に触れる機会を得たが、ブラックで間違いなかったと感じた。iPhone XRは側面のフレームがアルミ素材で、本体の色に合わせて着色されており、6色の中でガラスの背面と一体感があるのはブラックだと思ったからだ。電波感度を良くするための「アンテナライン」と呼ばれる樹脂製のパーツも、最も目立たないと思う。

 新色のイエロー、ブルー、コーラルはアルミのフレームが若干明るく、アンテナラインが目立ちやすい。ただ、それによってデザインが損なわれているわけではなく、前面、側面、背面の見え方で変化を楽しめ、アンテナラインからはポップな印象も受ける。iPhone XRの購入を検討している場合は、今なら店頭で全色確認できるはずなので、手に取って自分の感性に響く色をチョイスすることをお勧めしたい。

6色のバリエーションからブラックを選択。写真で見るとシングルレンズと相まってiPhone 7に似た印象を受けるが、手に取ると背面ガラスの質感からiPhone 8のブラックバージョンのようにも見える
[画像のクリックで拡大表示]
側面のアルミフレームは本体の色に合わせて着色されている。個人的にはブラックが最も一体感があるように思えた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら