アップルは2018年9月21日、スマートウオッチの新製品「Apple Watch Series 4」の販売を開始した。筆者は2年使っていた「Apple Watch Series 2」からの乗り換えで、Series 4の「Nike+ スペースグレイアルミニウムケース」の44mmケースモデルを予約注文した。Nike+モデルは専用の文字盤が用意されている点、付属するバンドが異なる点以外は、通常モデルとスペックは変わらない。

(写真:伊藤 朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Nike+モデルは10月5日の発売なので、この原稿執筆時点では入手できていないのだが、発売日に通常のスペースグレイアルミニウムケースの44mmケースモデルを借りて現在まで3週間ほど試用した。その結果、もうSeries 2には戻れないと思うに至った。Series 2との比較を交えながら紹介していこう。

Series 2と比較すると3.4倍速い

 使い始めてすぐに、動作がとても軽快なことを実感した。アップルの発表によるとSeries 4は、Series 3よりも2倍速いとのことだ。Series 3が発表されたときは、Series 2よりも70%速いという発表だったので、Series 2から乗り換えた筆者は、単純に計算すると3.4倍の速さを体感していると言える。

 Series 2では時刻を確認しようと腕を上げて画面が表示されるまでちょっと待たされたが、Series 4は瞬時。速いだけでなく1回の動作で確実に反応する。アップルによると、Series 4にはSeries 3の2倍のダイナミックレンジを持つ加速度センサーが搭載されているため、ユーザーの動きをより正確に捉えられるようになったとのこと。

文字盤の表示がこれまでよりも素早い。腕時計として使うには最も重要な性能だ。これだけでも併売されているSeries 3よりもSeries 4をお薦めしたい
[画像のクリックで拡大表示]

 Siriの応答も速い。Series 2では「Hey Siri、今日雨降る?」などと話しかけてしばらく腕を上げたまま待つことが多く、待ちきれずに腕を下ろしたらそのままスルーされてしまうことさえあった。Series 4ではそれがない。アプリの起動も快速だ。

 文字盤が素早く表示されるのは腕時計としての基本であり、アプリの起動やSiriの動作が速いことはスマートウオッチとしての基本だろう。今まではどちらも忍耐力を試されている面があり不満に思っていた。ようやく普通に使えるレベルになったというのが正直なところだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら