2018年9月21日に発売となったiPhoneの新モデル、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」。最先端の「A12 Bionic」プロセッサを搭載しディスプレーやカメラも高性能である一方で、強気な価格設定も話題になっている。

 新iPhoneに買い替えるべきか否か。米アップルのプレゼンテーションはいつものように魅力的だし、スペックは素晴らしい。しかし新機能は実用面で一体どうなのか。

 発売された2機種のうち、筆者はディスプレーサイズが5.8インチのiPhone XSを購入した。同サイズの前世代機種「iPhone X」や筆者がそれまで使っていた「iPhone 6s」などと比較しつつ、実機評価や買い替えで留意すべきポイントなどをお伝えしたい。

理論値で最大800Mbps以上の受信速度

 iPhone XSとiPhone XS Maxはギガビット級LTEに対応した。4本のアンテナを利用する「4×4 MIMO」に加え、複数チャネルを束ねて周波数帯域幅を広げる「4CC CA」や「5CC CA」などを組み合わせて実現。受信時の最大速度(理論値)は、NTTドコモで844Mbps、KDDI(au)で最大818.5Mbpsの高速データ通信を利用できる。ただしギガビット級LTEに対応したエリア内であることが条件だ。例えばNTTドコモの場合、「PREMIUM 4G」のエリアマップなどで確認するとよいだろう。

 筆者の自宅で実際にiPhone XSとiPhone 6sの受信速度を測定してみた(ともにNTTドコモ回線)。iPhone XSで62.94Mbps、iPhone 6sで12.16Mbpsだった。受信時で約5倍のパフォーマンス向上が見られたことになる。なお、同じギガビット級LTEの対応エリアでも、iPhoneの機種によって最大速度が異なる。iPhone 6sの理論値はNTTドコモの場合、受信時で最大262.5Mbpsである。

iPhone XSの通信速度を測ったところ、下りは62.94Mbpsだった(NTTドコモ回線)
[画像のクリックで拡大表示]

iPhone Xのケースを流用できない可能性も

 2017年にiPhoneの10周年モデルとして発表されたiPhone Xは、きょう体いっぱいを占めたディスプレーを採用、ホームボタンを廃止し指紋認証のTouch IDに代わり顔認証のFace IDを導入するなど、ハード的に新しさをアピールするものであった。

 今回のiPhone XSは、外見がiPhone Xとほぼ同じで、性能面がアップグレードされた。いわばマイナーチェンジ版である。ハード面で言えば同時に発売された6.5インチ機のiPhone XS Maxは、過去最大のディスプレーを有するiPhoneとなった。iPhone XSとiPhone XS Maxに機能面でほとんど違いはなく、XS Maxには大きさ以外に驚きはない。

 iPhone XSの寸法は幅70.9×高さ143.6×厚さ7.7mmで、iPhone Xと全く同じである。このためiPhone X用のケースを流用できると考え、iPhone XS向けに購入した。ところが、背面にあるデュアルカメラが1mmほどズレている。購入したケースはカメラ用の穴が大きめに作られており、カメラレンズを隠すことなく装着できた。ただ、精巧に作られているケースだとうまく収まらない可能性もある。実際にAmazon.co.jpなどではiPhone XSには対応していないと明記して売られているiPhone X用のケースが存在する。

 iPhone XSでは端末下部のマイクとスピーカーの配置が左右非対称になった。筆者は全く気にしないのだが、ネットでは不満が聞かれた。

iPhone XSにiPhone X用ケースを装着した様子。カメラの位置が微妙にズレるが、このケースは穴が大きめだったので事なきを得た
[画像のクリックで拡大表示]
マイクとスピーカーの位置が対称のiPhone X(上)、非対称のiPhone XS(下)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら