アップルは2018年9月21日、スマートフォンの新製品「iPhone XS(テンエス)」「iPhone XS Max(テンエス マックス)」の2機種を日本で発売した(写真1)。

写真1●iPhone XS Max(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年発売の「iPhone X」ではホームボタンの廃止などデザインを刷新したことが話題となった。果たして2018年のiPhone XSではどう変わったのか、新たに加わった大画面モデルiPhone XS Maxを中心に、実機のファーストインプレッションをお届けする。

大画面モデル「iPhone XS Max」が登場

 アップルが発表した新型iPhoneは、iPhone Xとほぼ同じ形状で基本性能を向上させたiPhone XSに加え、大画面のiPhone XS Max、機能や価格を抑えた「iPhone XR(テンアール)」の3機種となる。発売日はXSとXS Maxは9月21日で、XRのみ10月26日と約1カ月遅い。

 その中でも最も大きい6.5インチのディスプレーを搭載するのがiPhone XS Maxだ。iPhone XやXSよりは一回り大きいが、実際の外形寸法は「iPhone 8 Plus」など従来のPlusシリーズに近く、置き換えを狙ったモデルと言える(写真2)。

写真2●iPhone X(左)とiPhone XS Max(右)の比較
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら