米アップル(Apple)が現地時間2018年9月12日(日本時間9月13日未明)にiPhoneの新モデルを発表した。発表されたのは3モデル。iPhone Xの直接の後継モデルである「iPhone XS」、そのXSの画面を大きくした「iPhone XS Max」。ディスプレーやカメラのスペックを下げて、カラーバリエーションを充実させた「iPhone XR」だ。いずれもiPhone Xシリーズのモデルであり、iPhone 8の後継モデルは発表されなかった。

iPhoneから完全にホームボタンが消えた

 新しい3モデルの外観はどれもiPhone Xのスタイルだ。iPhone Xは2017年にiPhoneの10周年を機に開発された新機軸モデル。フロントパネルの大半をディスプレーが占め、その上部にはフロントカメラや各種センサーを搭載するためのノッチ(切り欠き)がある。長くiPhoneの象徴にもなっていた円形のホームボタンは搭載されていない。今回の発表で 「iPhoneから完全にホームボタンがなくなった」 と告げられたように感じた。

 実際には、ホームボタンを搭載するiPhone 7やiPhone 8の販売は続けられ、iPadにはホームボタンが搭載されたままなので、しばらくはホームボタンは使われ続けるだろう。しかし今回、ホームボタンを搭載した新機種を出さなかったことで、アップルはiPhone Xのスタイルを今後の本流にしたいのだと再認識した。

新しく発表されたiPhoneは、いずれもほぼ全画面のディスプレーを搭載し、ホームボタンは搭載されていない
(撮影:井上 晃、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は毎年iPhoneを機種変更していて、現在はiPhone Xを使っている。操作性に不便を感じることはなく、リッチコンテンツを楽しむための大画面化と持ちやすさを両立するために、iPhone Xのスタイルが生まれたことは必然だったと思っている。

 実際、Androidを採用する他メーカーも狭額縁の大画面化を進めていたし、アップルがiPhone Xを発売してからは、それをまねるかのようにAndroidスマートフォンにもノッチがある機種が増えてきた。昨今の主流のデザインであると言える。

 ノッチには賛否両論があるようだが、個人的にはノッチを邪魔だと感じたことはない。画面は少しでも広いほうが、写真や動画を見るときの迫力が増すと歓迎している。今回の3モデルの5.8インチ、6.1インチ、6.5インチというラインアップは、市場のニーズに応えることだろう。

今回のイベントは、招待状にこのような円がデザインされ、発表会場のスクリーンにも大きく映されていた。筆者は、これを見て、既存機種のホームボタンに代わる仮想ホームボタンのようなものが登場することを期待していたのだが、それもなかった
[画像のクリックで拡大表示]

注目すべきは新プロセッサ

 筆者はまだ実機には触れていないが、写真や映像で見る限り、新しいiPhoneの3モデルはデザイン面で大きな違いは認められない。iPhone XRはイエローやレッド、ブルーなど、鮮やかなカラーバリエーションがあるので目立つが、正面から見た印象はどのモデルも同じように見えた。また、スクリーンをオフにした状態では、Androidスマホとも見分けにくいと感じた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら