土木・建築業界に他業界の最先端のテクノロジーが続々と採用されている。「きつい・汚い・危険」の3Kの時代は終え、テクノロジーを軸にした新たなインフラ・仕事のやり方が標準となりつつある。建設業界外の企業にとっては、建設分野のニーズをつかみ、次のビジネスにつなげる絶好の機会だ。未来をつくり出す土木・建築テクノロジーを追う。

(画像:iStock.com/A-Digit、デザイン:TSTJ Inc.)
[画像のクリックで拡大表示]

<連載の予定>

[ここまで来たVR!]

[インフラの管理・監視を一変するLPWA]

  • 辺ぴな場所のインフラでも「遠隔点検」を可能にするLPWA(10月22日)
  • インフラ監視にゼネコンが参戦? LPWAで総コストを50%減(10月24日)
  • 水位計の新設ラッシュ、LPWAが爆発的普及の予感(10月29日)
  • 都市型の水害も怖くない、無線通信可能なマンホール(10月31日)
  • 橋の0.1mmの変位も見逃さず常時通信(11月5日)

[グリーンインフラを実現する技術]

※掲載予定の記事タイトル・内容、公開日は予告なく変更することがあります。ご了承ください。