Wordを立ち上げて白紙のページに向かうとき、誰もが「美しくアピール度の高い文書を作りたい」と思うだろう。皆が手に取りたくなるパンフレット、イベントに参加したくなる案内状、説得力のある企画書、読むのが苦にならないリポートなど、文書の種類は違っても「美文書」を求める気持ちは同じだ。

 そのような文書の美しさはどこからくるのか。Wordで作成するとき、どのような点に注意することが重要なのか。この特集では、3つの作例を通じて、美文書作成の「鉄則」を探っていこう。

【鉄則】「美文書」作成の重要ポイント

バランスの良さを考える

 図1は、観光者向けのパンフレット。ホテルのロビーなどに置く想定で、自転車で巡る京都のお薦めコースを2つ紹介している。3つ折りにして持ち歩けるよう、横置きにした用紙を3等分し、内容をバランス良くレイアウトした。

手に取りやすく読みやすい「パンフレット」
図1 観光客向けのパンフレット。本文に丸みのあるフォントを使い、抑えめの配色で柔らかい雰囲気を演出した。テキストボックス、クリップアート、図形、SmartArtといった、Wordのパーツ類も利用して、内容を分かりやすく伝えている。横置きの用紙を3等分にしたレイアウトで、左右の文章や図をきれいにそろえた。3つ折りでの配布を想定した
[画像のクリックで拡大表示]

 この「バランス」は、文書の美しさを支える大きなポイントだ。例えば、パンフレットのように文章の長さや図の位置をキッチリそろえると、見やすさは格段にアップする。当たり前のようで、案外見過ごされがちな「そろえる」作業。文章を左右に並べるときは、特に気を配りたい。

 文字の見せ方も大切。縦書きにしたパンフレットのタイトル文字には太めのしっかりしたフォント(書体)を使い、内容がひと目で分かるようにした。タイトルを際立たせるため、あえて副題は付けていない。

 図2は、逆にタイトル部分をにぎやかにした音楽イベントの案内状だ。タイトルが英語なので、一見して内容を把握しにくい。でも、サイズ違いの文字と躍動感のあるイラストが相まって、楽しそうな雰囲気は伝わってくる。周囲に補足的な文字列を配して、全体をまとめた。

楽しさの伝わる「案内状」
図2 音楽イベントの案内状。用紙の上半分をイラストとタイトル文字に使うことで、躍動感のある仕上がりになった。一部の文字列は、テキストボックスで自由に配置している
[画像のクリックで拡大表示]

 案内状のタイトル文字には、影や輪郭などの効果を付け、さらに単語の先頭文字を朱色に変える工夫もしている。このような色使いも、文書の印象を左右する重要な要素だ。

 図1のパンフレットではオレンジとグリーンをメインカラーにして、コースを色分けしたり、紅葉の雰囲気を演出したりした。また、タイトル文字の背後には半透明の地色を敷き、下の模様が透けるようにしている。イベント案内状では朱色と紺色がメインカラーになっている。

 このように、文字の見せ方も色使いも、何が最善かは文書のタイプや内容によって異なる。美文書作成のポイントを押さえた上で、それぞれにふさわしい設定を見つけよう。そのためには「文書をどのようなイメージで読み手に届けたいか」を常に考えておく必要がある。