eスポーツの選手であるプロゲーマーは、ここ10年ほど小学生のなりたい職業のトップ10にランクイン――。1998年に家庭向けのブロードバンドと「PCバン」と呼ばれるネットカフェの登場とともに始まった韓国のeスポーツ産業は、今やサッカーや野球と変わらないほど認知度が高いエンターテインメントに成長している。

住宅街にあるPCバンの例
多くの若者が対戦型オンラインゲームを楽しむために通っている。写真は、「Danawa Play Games zone」のソウル市オモクギョ店
[画像のクリックで拡大表示]

 毎年11月に釜山で開催されるオンラインゲームの展示会「G-STAR(Game Show & Trade, All-Round)」は、eスポーツ大会を同時開催している。この入場者数は毎年増加しており、今や23万人近い観客を集めている。ソウルで開催されている大型IT展示会の入場者数が13万人前後なので、これはかなりの規模と言える。大手企業から中小企業まで幅広い企業がスポンサーとなり、オンラインとオフラインをつなげるマーケティングができる場としてeスポーツが注目されている。

 韓国政府機関の支援も手厚い。年中開かれているプロ向けeスポーツ大会とアマチュア向けの全国大会が、世界で活躍するプロゲーマーの育成を支えている。2018年8月18~9月2日にインドネシアのジャカルタで開催された第18回アジア競技大会で、eスポーツは“リアルスポーツ”にまじって公開競技に採用された。韓国チームは、当然のように全てのゲームタイトルで金メダルを狙って出場した。

韓国eスポーツクラブのホームページ
掲載された国内大会の予選案内。年中無休で何かしら大会が開かれている。アマチュア向けの「大統領杯全国アマチュアeスポーツ大会」の予選も始まった(図:韓国eスポーツクラブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 結果は、全6種目の内、「StarCraft II」と「League of Legends」で本戦に進出し、それぞれ金メダルと銀メダルを獲得した。League of Legendsでは年俸30億ウォン(約3億円)のプロゲーマー「Faker」がいるので金メダル間違いないと言われたが、惜しくも中国に負けてしまった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら