「日本全員で勝ち取った金メダルだ」「本当に難しい大会だったが、まずは勝つことができて嬉しい」

 2018年9月1日、インドネシア・ジャカルタで開かれたアジア競技大会。eスポーツの日本代表チームが優勝し金メダルを獲得した。野球や陸上といった伝統的なスポーツ競技に混じり、デモンストレーション競技という位置付けながらeスポーツが初めて採用された。

アジア競技大会で優勝した相原 翼選手(左)と杉村 直紀選手(右)
(出所:日本eスポーツ連合)
[画像のクリックで拡大表示]
アジア競技大会のeスポーツ競技の様子。サッカーゲーム「ウイニングイレブン 2018」の勝敗を競った
(出所:日本eスポーツ連合)
[画像のクリックで拡大表示]

 アジア競技大会の競技種目になり、将来のオリンピック種目入りも噂されるeスポーツ。このeスポーツを支える技術開発をIT企業が急いでいる。

会場内の数百人に映像配信

 いち早く動き始めたのがNTTグループだ。「eスポーツは最先端のデジタル技術なしには成り立たない産業で、IT企業が大いに活躍できる。近い将来、大きくブレークする可能性があるので足場を固めておく」。NTTデータの高島正幸ITサービス・ペイメント事業本部メディア統括部サービス企画担当部長は、こう意気込みを語る。

eスポーツを支える先端技術と開発に注力する主な企業
* 傘下の米ツイッチが開発・運営
技術名内容企業
5Gを使った低遅延の対戦システム有線(光回線)が主流の大会会場LANを(5G回線)で構築した遅延のない対戦システムNTTドコモ
VRやARを使った大会観戦技術の開発大会会場の視聴者がプレーヤーや関連情報など好きな情報を切り替えて視聴できる技術NTTドコモ
Wi-Fiマルチキャスト技術大会会場内の数百人の観客が持つスマホやタブレットに、大スクリーンに映し出すものとは異なる様々な映像を配信NTTデータ
AIによる対戦動画の解析プレー中のハイライトシーンを自動的に抜き出したりスロー再生したりするシステムの開発NTTデータ
ビッグデータ分析やIoT技術SAP HANAを使って試合結果やプレー中のデータを分析して選手育成や戦術強化に活用欧州SAP
スマホ向けの映像配信技術大会やプレーの映像を大規模に配信する基盤システムやアプリの開発米アマゾン・ドット・コム*、CyberZ
競技者向け高性能PC技術グラフィック性能やI/Oを強化したプロセッサーや周辺機器の開発米インテル、米AMD

 NTTデータが準備を進めているのが「Wi-Fiマルチキャスト技術」を使った配信システムだ。Wi-Fiマルチキャストとはアクセスポイント(Wi-Fiルーター)からスマホなどの利用者端末へデータを一方通行に配信する技術。アクセスポイント1カ所当たり100~200台の端末へ同時にデータを配信できる。データ配信に特化しているため、利用者端末からアクセスポイントを介してインターネットなどに接続することはできない。一般的なWi-Fiの通信方式は双方向で、データを同時配信できる端末数は数十台規模だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら