閉じる

北海道地震

日経 xTECH

目次

  • 北海道地震でコールセンター「適地」に波紋、停電や交通寸断で2日以上停止も

     2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で、北海道内のコールセンターの大半が業務停止となり、注文や問い合わせ業務など企業活動に影響が出ている。コールセンター「適地」を襲った地震により丸2日以上電話による顧客接点を喪失している企業もあり、企業はコールセンターの立地戦略の見直しを迫られそう…

  • 厚真町で多発した土砂崩れの空撮写真、アジア航測が公開

     アジア航測は、北海道胆振(いぶり)東部地震で生じた土砂崩れの被害状況を、地震発生当日の9月6日に空撮。写真を公開した。

  • 停電で小規模火災が発生、三菱製鋼の鋳造設備から

    自動車部品の生産に影響

     三菱製鋼室蘭特殊鋼(北海道室蘭市)は、2018年9月6日午前3時に発生した北海道胆振東部地震に伴う停電の影響を受けて操業を休止している。工場内の連続鋳造設備から小規模な火災が発生したが、消防が出動して約7時間後に鎮火した。7日夕方の時点でも停電は続き、再開のめどは立っていない。人的被害は無いとする…

  • パナソニックと京セラ、停電の影響で工場操業を停止

     北海道電力によると北見市は停電解消地域に含まれているものの、7日朝時点で京セラの北海道北見工場は停電状態にあるという。パナソニックの北海道にある2工場(千歳市、帯広市)は停電により操業を停止しているという。

  • 「過去に無い大きな揺れ」、いすゞのエンジン部品工場も操業休止

    いすゞエンジン製造北海道(北海道苫小牧市)は2018年9月6日早朝から、北海道地震の影響で工場の操業を休止している。人的・物的被害は無いが、同日夜の段階でも停電が続き、再開のめどは立っていない。同工場は、エンジンや変速機向けの部品加工を手掛け、親会社のいすゞ自動車に供給している。

  • デンソー、地震で半導体・センサー工場の操業休止

    デンソーの全額出資子会社であるデンソー北海道は2018年9月6日、北海道地震の発生直後から工場の操業を休止している。人的・物的被害は無いが、同日夜の段階でも停電が続き、再開のめどは立っていない。同社は、北海道千歳市の千歳臨空工業団地内に工場と本社機能を構え、主に車載用の半導体・センサーを生産している…

  • J-LISのマイナンバーカードのコールセンターが不通、臨時窓口を開設

     地方公共団体情報システム機構(J-LIS)は2018年9月6日、北海道で発生した地震の影響で、通知カードおよびマイナンバーカードに関するコールセンターの電話が一部不通になり、臨時対応窓口を設けたと公表した。

  • 東京ディズニーリゾートが電話予約を終日停止、北海道地震の影響

     オリエンタルランドは2018年9月6日、東京ディズニーリゾートの電話による予約や一部のサポートを終日停止しているとWebサイトに掲載した。同社広報によると「コールセンターが北海道札幌市内にあり、電話がつながらなくなっている」という。

  • NECと富士通、北海道データセンターを自家発電で継続運用

     2018年9月6日午前3時ごろに北海道で発生した地震により、NECと富士通の北海道データセンターがある地域で停電が発生。自家発電に切り換えることで運用を継続している。

  • 住宅地周辺で液状化被害を確認、札幌市清田区

     2018年9月6日に発生した北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とする最大震度7の地震では、液状化被害が相次いで報告されている。札幌市清田区内で発生した液状化被害とみられる写真を入手したので紹介する。

  • 新日鉄住金の室蘭製鉄所は一部操業、東芝ホクト電子は停電が復旧

     2018年9月6日午前3時に発生した地震により、北海道全域で大規模な停電が続いている。その影響で多くの工場が今も操業停止中だが、新日鉄住金の室蘭製鉄所(北海道室蘭市)は一部の設備で操業を再開している。

  • 三菱自・日産はテストコース、スバル・スズキは販売店に影響

     2018年9月6日朝に発生した北海道地震の影響で、三菱自動車はテストコースの稼動休止、スバルやスズキの販売店は停電や営業取り止めなどの措置をとった。以下、各社の状況をまとめた。

  • トヨタ、北海道の変速機工場の操業休止

     北海道苫小牧市にあるトヨタ自動車子会社で変速機を生産するトヨタ自動車北海道の工場では2018年9月6日、地震による停電の影響で、1直(7時30分~16時20分)の操業を停止した。建物の被害については調査中である。

  • 北海道地震で電子デバイス工場が操業停止、停電が影響

     2018年9月6日午前3時に北海道で発生した地震の影響で、道内の電子デバイス工場の操業が相次いで停止している。6日午前の段階で、セイコーエプソン、ミツミ電機、日本電波工業などの工場が操業を停止中だ。いずれも地震に伴う停電による。

  • ソフトバンク携帯、北海道の地震でつながりにくく

     ソフトバンクは2018年9月6日、午前3時8分ごろから北海道での地震による影響で携帯電話サービスがつながりにくくなっていると発表した。

  • au携帯電話が北海道一部地域で使いづらい状況に

     KDDIは2018年9月6日、午前3時すぎに北海道で発生した地震による影響で、道内一部地域で通信サービスが利用しにくい状況になっていると発表した。

  • NTTドコモのサービスが北海道の一部地域で使えない状態に

     NTTドコモは2018年9月6日、午前3時すぎに北海道で発生した地震による影響で、一部地域で通信サービスが利用できないか利用しづらい状況になっていると発表した。

  • 停電で操業停止中だが建物被害はなし、札幌、小樽の工業団地

     2018年9月6日午前3時過ぎ発生した北海道南西部を震源とする地震の影響で、札幌市や小樽市の工業団地は6日午前11時現在、停電のため操業できない状態が続いている。

  • 北海道で震度7、厚真町で大規模な土砂崩れ

     9月6日午前3時7分、北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とする最大震度7の地震を観測した。北海道で震度7を観測したのは初めて。

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る