北海道地震で被災したJR日高線の「厚真川橋りょう」を調査した結果、構造上の大きな損傷はなく、ずれた橋桁を元の位置に戻せば運行を再開できることが分かった。JR北海道は今月中旬にも復旧工事に着手し、12月上旬に運行を再開する見込みだ。同社が10月3日に発表した。

RC桁が最大約27cm横ずれした13P橋脚(写真:JR北海道)
[画像のクリックで拡大表示]

 厚真川橋りょうは1956年に完成した長さ約255m(15径間)の橋で、9径間の鋼桁の両端で鉄筋コンクリート(RC)桁とつながる構造になっている。

 JR北海道が地震後に現地調査し、3P、4P、13Pの各橋脚上で計4カ所、橋桁がずれているのを確認した。ずれ幅が最も大きかったのは13P橋脚上で、線路の垂直方向に約27cm横ずれしていた。4Pでは約6cm、3Pでは約2cmと約3cm、同様にずれていた。

 JR北海道は、橋桁や橋脚の本体に損傷がないことを主に目視で確認し、橋脚の健全度を衝撃振動試験でチェックした。これと並行して、鉄道総合技術研究所がRC桁のずれの影響や原因、復旧方法などを調査。横ずれしたRC桁以外の桁や支承、橋脚の地表部に、運行に差し支える損傷がなかったことから、橋桁を元の位置に据え直せば復旧できるとJR北海道に報告した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら