西日本高速道路会社は9月7日、タンカーの衝突で損傷し、鉄道部に向かって4mほどずれた関西国際空港連絡橋の橋桁の撤去を始めたと発表した。鉄道運行の早期再開に向けて、2週間ほどで作業を終える予定だ。

タンカーが衝突して4mほど横に移動した関西国際空港連絡橋の橋桁(写真:西日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪府泉佐野市のりんくうタウンと関西国際空港を結ぶ関空連絡橋は、1991年に完成した全長3750mの道路・鉄道併用橋だ。9月4日午後1時45分ごろ、台風21号の影響で走錨(そうびょう)した全長89m、2591トンのタンカーが、空港側の道路部(下り線)に衝突した。

 タンカーが衝突した空港側(A1橋台~P7橋脚)の構造形式は、道路と鉄道を分離した鋼連続箱桁橋だ。撤去するのは衝突で損傷した道路部の下り線の箱桁。A1橋台~P1橋脚間(径間長90m)とP1~P2橋脚間(径間長98m)の2径間分だ。

橋桁の撤去範囲(資料:西日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

損傷箇所付近の断面図(資料:西日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

関西国際空港連絡橋の損傷箇所の航空写真(写真:国際航業)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら