サイバー攻撃がますます悪質さと巧妙さを増している。一方で、IoT(インターネット・オブ・シングズ)の活用が広がり、企業や団体が守るべき裾野は広がり続けている。AI(人工知能)をだまして自動運転を誤作動させたり、制御システムに侵入して発電所を止めたりといった社会インフラを揺るがす攻撃も現実化している。「サイバーセキュリティは経営リスク」と分かっていても、対策の第一歩をどう踏み出せばいいのか、経営リスクとしてどう定量化すればよいのか――。迫る脅威を前にそんな悩みを抱える経営者や担当者は少なくない。

 今回、「Security Solution 2018」はそうした悩みを解消できるように、セキュリティ対策製品・サービスの最新動向を一挙につかめるラインアップをそろえている。マルウエア対策も現在はAIをフル活用するように進化しており、攻撃相手を徹底的に研究するサイバーインテリジェンスサービスも拡充してきた。攻撃の痕跡を解析するEDR(Endpoint Detection and Response)、クラウドサービスの利用状況を可視化するCASB(Cloud Access Security Broker)といった最新対策技術も展示している。

 経営目線のリスクマネジメントやセキュリティ事故の対応方法に悩む方はぜひ特別講演に足を運んでほしい。三菱UFJフィナンシャル・グループの大日向隆之サイバーセキュリティ推進室長とアサヒグループホールディングスの知久龍人執行役員IT部門ゼネラルマネジャーが、それぞれ自らの悩みと実体験に基づき、サイバーセキュリティを経営リスクと捉えてどう取り組んできたかや、インシデント対応組織「CSIRT」をどう立ち上げてきたかなどを講演する。昨今話題のプライバシー問題に対処するためのリスク戦略を学べる国立情報学研究所の安藤類央特任准教授による講演も必聴だ。

 入場料(3000円)が無料になる事前登録はこちら