「日経 xTECH EXPO AWARD 2018」は、日経 xTECH EXPOの出展すべてを対象にしたアワードだ。建築・土木からIT、エレクトロニクス、デジタルヘルスや製造技術まで幅広い知見を持つ日経 xTECHの専門記者が、各製品・サービスの個別取材を基に厳正に審査する。

 ビジネスと技術のクロス領域で、新しい価値を生み出す「xTECH(クロステック)」なイノベーションを実現した製品・サービスを表彰する。製品・サービスとして優れていると同時に、来場者に対し分かりやすくインパクトのあるプレゼンテーションも評価の対象となる。

 日経 xTECH EXPOは前身であるITpro EXPOから展示ジャンルを一新。クラウド、AI、IoT(インターネット・オブ・シングズ)、ブロックチェーン、働き方改革、デジタルものづくりや建設テックといった11の分野に分けて最先端の技術とビジネスのイノベーションを展示する。

 日経 xTECH EXPO AWARD 2018の受賞対象となった製品・サービスは10月18日に発表予定だ。会期最終日の19日には展示会場内のメインシアターで日経BP社技術メディア局長補佐の中村建助が、受賞製品・サービスの担当者を壇上に招いて受賞製品・サービスの魅力を聞く公開取材イベントを予定している。

 このAWARDの前身となった昨年の「ITpro EXPO AWARD 2017」ではパナソニックの「タフパッドの空間採寸/温度センシングによる業務効率ソリューション」が大賞を受賞した。xTECH元年にどんな製品・サービスが栄冠を獲得するのか。ぜひ注目してほしい。

 入場料(3000円)が無料になる事前登録はこちら