スマホリングは、スマホ本体やケースの背面に取り付けて使う器具だ。リング部分に指を通してスマホを持つと、不注意による落下を防ぎやすくなる。最近はやりの大型スマホを購入したものの、大きすぎてきちんと持つことができず、ヒヤヒヤしながら使っている人もいるだろう。そうした人にお薦めだ。

 リングは角度を自由に調節でき、立てるとスマホスタンドとして使える。家電量販店では800~3000円程度で販売されているが、100均ショップでも売っている。

スマホリングはスマホ本体やケースの背面に取り付けて使う。リングに指を通して持てば、手が滑ってもスマホの落下を防ぎやすい
(撮影:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
リング部分を立てれば、スタンドとしても使える
[画像のクリックで拡大表示]

製品によってリング部分の作りに差

 今回はダイソーの「スタンドリング」と、セリアやキャンドゥなどで販売している「FINGER RING」を購入した。両製品の形は非常に似ているが、よく見ると異なる部分がある。例えば、リング部分の金属は、スタンドリングが細くザラザラとした梨地状に表面加工されている。それに対し、FINGER RINGは太くて表面加工は平面だ。

 台座は両方とも、素材にポリカーボネートを使っている。台座の面積はほぼ同じだが、スタンドリングの台座の方が1ミリ程度薄かった。

ダイソーで購入した「スタンドリング」。価格は100円(税別)。カラーバリエーションは写真の鋼鉄色の他に、銀色や金色を見かけた
[画像のクリックで拡大表示]
セリアで購入した「FINGER RING」。価格は100円(税別)。キャンドゥやシルクなどでも同じ製品を売っていた。カラーバリエーションは写真の銀色の他に、黒色や白色がある
[画像のクリックで拡大表示]

 では100均ショップのスマホリングは、家電量販店で売っている製品とどこが違うのか。家電量販店で売っているスマホリングを購入して比べてみた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら