スマートフォンのカメラは広角レンズを搭載しており、広い範囲を撮影できる。それでも状況によっては、画角が足りないと感じることがあるだろう。また、スマートフォンのカメラはマクロ撮影(接写)が苦手な機種が多く、至近距離の物体や細かい文字などを上手く撮影するのが難しい。

 こうしたケースで便利なのが、スマートフォン用の外付けレンズだ。広角タイプの外付けレンズを使えば画角を広げられて、より広い範囲が写る。マクロタイプの外付けレンズを使えば、至近距離の物体にピントが合いやすくなる。このようなスマートフォン用外付けレンズは、家電量販店で1000~3000円程度で売られているが、実は100円ショップでも購入できる。

広角とマクロのセット製品もある

 キャンドゥで売られている「スマートフォンで広角&マクロレンズ」は、広角レンズとマクロレンズがセットになった製品だ。

「スマートフォンで広角&マクロレンズ」はキャンドゥで購入した。価格は税別100円
(撮影:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン用の外付けレンズは、スマートフォンのカメラのレンズに被せて使用する。スマートフォン本体にクリップで挟んで固定できるため、取り付けは簡単だ。

 レンズは2枚構成で、スマートフォン側のレンズがマクロレンズ、その上に広角レンズが被さっている。広角で撮影するときは、マクロレンズの上に広角レンズを被せて使う。マクロレンズの内周はネジ山加工がされており、広角レンズを回すだけで取り付けや取り外しができる。マクロ撮影をするときは、広角レンズを取り外す。

 パッケージを見ると、このレンズは素材にアクリルを使っている。レンズハウジングはアルミニウムで作られており、質感はかなり良い。広角レンズを挿し込むときに聞こえる金属特有の擦れる音は、聞いてて心地よい。

レンズは2枚構成で、スマートフォン側がマクロレンズ、外側が広角レンズだ。レンズカバーや持ち運びポーチも付属する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら