パソコンの周辺にはケーブルが多い。ケーブルが増えると散らかって見えるだけでなく、操作などをするうえで邪魔になる。日ごろから整理整頓しておきたい。100均ショップに売られているケーブル整理グッズでスッキリさせよう。

 足元に転がる電源アダプターやケーブルが邪魔なら、それらをケーブル収納ボックスに入れて隠しておくと、見栄えが良い。ケーブル収納ボックスは家電量販店で1000円程度から売られているが、100均ショップでも購入できる。

 キャンドゥで売られていた「POWER STRIP BOX」は、外形寸法が幅235×奥行き90×高さ90ミリメートルと比較的大きく、電源アダプターや4口程度を備える電源タップなどを収納できる。ケースの3方向の側面にケーブルを通す穴が開けられており、接続する機器の設置場所に応じて配線しやすい。また、底面は排気口が多く開けられており、排熱も良さそうだ。ふたはちょっとした小物を置く場所として利用できる。充電中のスマホやモバイルバッテリーを置きやすい。

キャンドゥで購入したケーブル収納ボックス「POWER STRIP BOX」
価格は税別100円(写真はスタジオキャプチャー、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
電源アダプターや4口程度を持つ電源タップなどを収納
商品のラベルによると、収納できる電源タップなどの大きさは長さ20センチメートルまでが目安という。ふたの上は平らで充電中のスマホを置きやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 POWER STRIP BOXの他、「ケーブルボックス」というケーブル収納ボックスがダイソーで売られていた。外形寸法は幅232×奥行き88×高さ103ミリで、キャンドゥの製品とほぼ同じ。ただ、ケーブルを通す穴は左右にしかない。だが、穴が上まで貫通しているので、電源アダプターや電源タップを中に入れやすい。ふたは平らでこちらも小物を置く場所として使える。ただし、キャンドゥで売られていた製品と比べるとその面積は狭い。

ダイソーで売られていたケーブル収納ボックス「ケーブルボックス」
価格は税別100円
[画像のクリックで拡大表示]
左右の穴は上部まで貫通
電源アダプターや電源タップを上から入れるだけでよい。ふたの上は平らだが面積は狭い
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら