パソコンのキーボードは常に手で触れて使うためか汚れやすい。キーの隙間に入ったほこりやゴミを取り除くのにも一苦労だ。そんな時、便利なのが100均ショップで売っている清掃グッズ。汚れたキーボードも楽に掃除できる。

 キーボード表面に付いたほこりやゴミは、ダスターで軽くはらうと楽に取れる。ダイソーで購入した「マイクロファイバーダスター」は全長41センチメートルと長く、ノートパソコンのキーボード程度のサイズであれば、一振りか二振りでキーボード表面を清掃できる。毛が根元まで柔らかいので、ディスプレーの清掃にも活用しやすい。

ダイソーの「マイクロファイバーダスター」
価格は税別100円。全長が41センチメートルと長い
[画像のクリックで拡大表示]
ノートパソコンのキーボードを楽々と清掃
十分な長さがある。毛が柔らかいため手触りも良い
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロファイバーダスターで取れない汚れは、ウエットティッシュや柔らかい布で拭くと落とせる。だが、キーの側面に付着した汚れは拭きにくい。そこで便利なのが、セリアで購入した「中栓用スティック」という製品だ。本来は、ステンレスボトルを清掃するための道具で、スポンジが入りにくい蓋の溝や底の清掃に使う。樹脂製の細い軸に柔らかいマクロファイバーが付いており、キーの隙間に入り込ませることで、キー側面の汚れも楽に取れる。

セリアで購入した「中栓用スティック」
価格は税別100円。本来はステンレスボトル清掃用の道具だ
[画像のクリックで拡大表示]
マイクロファイバーの柔らかい素材でできた先端部
湿らせて使う。キーの側面の汚れを落としやすい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら