多種多様な商品を安く買える100均ショップ。実はパソコンやスマホ、周辺機器といったデジタル機器の使い勝手を高めるグッズが数多く販売されている。そこで本連載では、筆者が店舗で見つけた、お薦め100均グッズを紹介していく。第1回はUSBハブだ。

 USBは、周辺機器の接続には欠かせない。パソコンはもちろん、テレビやゲーム機などでも使われている。ところが、機器によっては搭載するUSBポートの数が少なく、周辺機器を買い足したときにポートが足りなくなることがある。

 こうしたケースでは、USBハブを使うとよい。USBハブは、家電量販店では1000~2000円程度で販売されているが、実は100円ショップでも売られていることがある。今回は、ダイソーで購入した「USBハブ4ポート」を紹介する。

「USBハブ4ポート」は名前の通り、4つのポートを備えるUSBハブ。ダイソーで購入した。価格は税別100円
(撮影:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 USBハブには、パソコンのUSBポートからの給電で動作するバスパワータイプと、電源アダプターから給電するセルフパワータイプがある。

 前者は、電源アダプターが不要であるため持ち運びやすい。マウスやキーボード、USBメモリーなど、低消費電力の機器を接続するときに便利だ。後者は電力を多く消費するポータブルタイプの外付けHDDや光学式ドライブなどを接続するときに活用しやすい。ダイソーの「USBハブ4ポート」は、バスパワータイプだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら