スマートフォンでの自撮りは難しい。インカメラを使った撮影だと、画角が狭いため思い通りの構図を狙うのに苦労する。インカメラにはフラッシュが無い機種も多く、暗い場所だと撮影しにくい。そんなときは、自撮り棒や撮影ライトといったグッズを活用しよう。100均ショップにはそうした製品が数多く売られている。

 画角が狭いインカメラで広範囲を写したいときに使えるのが自撮り棒だ。自分とカメラの距離を長くとれば広範囲に撮影できるが、自撮り棒の長さ次第ではスマホ本体のシャッターボタンに手が届かなくなる。その場合はセルフタイマーモードを使うしかない。撮影まで数秒待たなければならないため、決定的瞬間を逃すかもしれない。そこで便利なのがシャッターボタン付きの自撮り棒だ。100均ショップで購入できる。

セリアで購入した「iPhone用シャッター付自撮り棒」
価格は税別100円(写真はスタジオキャスパー、以下特に記載が無い写真は同)
[画像のクリックで拡大表示]

 セリアで売られていた「iPhone用シャッター付自撮り棒」はグリップにシャッターボタンを備えたiPhone用の自撮り棒だ。iPhoneでカメラアプリを起動してグリップのシャッターボタンを押すと、写真モードではシャッターを、動画モードでは動画の撮影と停止ができる。

 自撮り棒は最長46センチメートルまで伸びる。また、最短11センチメートルまで縮められるので持ち歩きに便利だ。スマホを取り付けるホルダーは幅5.5~8センチメートルまで対応。大型サイズのiPhoneでも使える。厚めの保護ケースを取り付けたiPhone Xs Max(高さ157.5×幅77.4×厚さ7.7ミリメートル)で試したところ、ホルダーになんとか取り付けられた。

 iPhoneとの接続にはイヤホン端子を使う。そのためiPhoneに3.5ミリミニピンジャックのイヤホン端子が必要になる。最新のiPhoneには無いが、変換アダプターを用いることで利用できる。なお、シャッターボタンはiPhone専用だ。試しに「Xperia XZ Premim」や「Xperia Z5」といったAndroidスマホに取り付けてみたが、シャッターボタンとしては機能せず、ズームインするだけだった。

自撮り棒のグリップに位置するシャッターボタン
グリップはスポンジ製で手が滑りにくい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら