100均ショップには多くの乾電池が並んでいる。同じ店舗でもアルカリ電池を中心に2~4種類あり、正直どれを選んでよいか分かりにくい。そこで、ダイソー、キャンドゥ、セリア、ワッツといった大手100均ショップで売られていたアルカリ単3形乾電池を合計13製品購入。持ち時間を調査してどの製品が優れているかを調べた。

今回購入した単3形乾電池
全部で13製品購入した。100均ショップでは、2~6本組みの単3形乾電池が100円で買える(写真:スタジオキャスパー、以下特に記載がない写真は同)
[画像のクリックで拡大表示]

 大手家電メーカー製の単3形乾電池の場合、4本組みなら200~500円(以下、税別)程度で売られている。1本当たりの価格は50~125円程度だ。100均ショップの単3形乾電池は2~6本組みが100円で購入できる。1本当たりの価格が約17~50円で、家電量販店で売られている単3形乾電池よりも安い。そこで大手家電メーカー製の電池との違いも調べた。

 ダイソーで購入した単3形乾電池は「アルカリ電池 T052 No.3」「アルカリ電池 T052 No.18」「アルカリ電池 T828」「アルカリ電池 K2」の4種類。どの製品のパッケージにもダイソーの文字が記載されており、オリジナル製品とみられる。なお、パッケージから製品名が分かりにくかったため、記事ではパッケージに小さく書かれていた品名を記載した。

ダイソーで購入した製品
5本組み以上の製品しかないため、他店舗と比べると本数が多い。品名が大きく書かれていないが、記事ではパッケージに記載された品名を記した。手前は「アルカリ電池 T052 No.3」。奥左から「アルカリ電池 T052 No.18」「アルカリ電池 T828」「アルカリ電池 K2」
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイソーで売られている4製品のうち3製品が5本入り、残りの1製品は6本入りだった。6本入りの製品は今回紹介する単3形乾電池の中で、1本当たりの価格が約17円と最も安かった。いずれの電池にも「Made in China」と記載されていた。

 使用推奨期限は6本組みのアルカリ電池 T052 No.3とアルカリ電池 T052 No.18、アルカリ電池 T828は7年。K2のパッケージには特に使用推奨期限の記載はなかったものの、電池本体には必ず記載されている。2019年3月に購入した同電池に記載されていた使用推奨期限は2023年12月だったため、約5年とみられる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら