100均ショップはケーブルの宝庫だ。本連載では既にUSBケーブルを紹介しているが、ネットワーク接続に使うLANケーブルも売られている。

ギガビットのLANに対応している

 LANケーブルは「カテゴリー」と呼ぶ区分で分類される。カテゴリーごとに、対応するLANの規格が異なる。現在、多くのパソコンやネットワークで使われているのは、速度が1Gビット/秒の1000BASE-Tという規格。「ギガビットイーサネット」と呼ぶこともある。ギガビットイーサネットを使ったネットワークでは、LANケーブルは「カテゴリー5e」以上に対応していなければならない。カテゴリー5eの下の規格はカテゴリー5になるが、カテゴリー5のLANケーブルは、100Mビット/秒のファストイーサネットまでしか使えない。

LANケーブルはカテゴリーで区分される。現在、主に使われているギガビットイーサネット(規格は1000BASE-T)であれば、カテゴリー5e以上のケーブルが必要になる。伝送帯域はデータを転送できる幅のことで、大きい方が有利
[画像のクリックで拡大表示]

 今回はダイソーで「LANケーブル Cat6 フラットタイプ」を購入した。パッケージには、カテゴリー6に対応していると記載されていた。ギガビットイーサネットで使う分には問題なさそうだ。

LANケーブルは100均ショップでも購入できる。写真はダイソーで購入した「LANケーブル Cat6 フラットタイプ」。価格は100円(税別)
(撮影:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

配線しやすく持ち運びやすいフラットケーブル

 LANケーブル Cat6 フラットタイプは、きしめん状で薄いフラットケーブルを採用している。ケーブルの幅は6ミリ、厚さはわずか1.6ミリだ。家具の裏や扉の下といった狭い空間でも配線しやすい。しかも柔軟性があって折り曲げやすいので、小さくまとめれば持ち運びも容易だ。ケーブルの長さは約1メートルで、床下から卓上ぐらいまでなら十分届く。

 コネクター部分にあるつめは、破損を防ぐためのカバーで保護されている。LANケーブルはコネクターのつめが壊れるとケーブルがポートから抜けやすくなり、「つながらない」というネットワークトラブルの原因になる可能性がある。カバーがあるのとないのとでは安心感が違う。

ダイソーのLANケーブル Cat6 フラットタイプは、きしめん状のケーブルを採用していて薄い。コネクターのつめの破損を防ぐカバーもある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら