VR(仮想現実)動画を立体視するにはVRビューアーが必要になる。VRビューアーと聞くと、米フェイスブックテクノロジーズ(Facebook Technologies)の「Oculus Go」のような、ヘッドマウントディスプレーを思い浮かべるかもしれない。もちろんそうした本格的な商品もあるが、一方でスマートフォンに取り付けて使える簡易なものが100均ショップで売られている。

 キャンドゥで購入した「VR Goggles」は、段ボール製のVRビューアー組み立てキット。1枚の段ボール紙で構成されており、パッケージの裏側に記載された説明書に従い、段ボールに刻まれた折り目に沿って組み立てるだけ。5分もあれば完成する。

キャンドゥの「VR Goggles」は、段ボール製のVRビューアー組み立てキット。価格は100円(税別)
(撮影:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

段ボール製でも構造はしっかりしている

 接眼部には、左右に1枚ずつ樹脂製のレンズが付いている。スマホを箱に収納して画面を拡大し、立体視できるようにしてある。レンズは若干くすんでいたが、映像の視聴には問題なかった。

 段ボール製で作りは簡素だが、構造はしっかりしている。VRビューアーの内部に周囲の光が入るようなこともほとんどない。パッケージには3.5型から6型までのスマホに対応すると記載されていたが、6.5型のiPhone XS Maxでちょうどいい大きさだった。

本体パーツは、1枚の段ボールで構成されている。パッケージ裏側に記載された手順通りに組み立てる。スマホの収納部分に使う面ファスナーが1組付属
[画像のクリックで拡大表示]
スマホをVRビューアーに収納して使う。パッケージには3.5型から6型までのスマホに対応すると記載されているが、6.5型のiPhone XS Maxでちょうどいい大きさ
[画像のクリックで拡大表示]
接眼部の左右に1枚ずつレンズが付いており、スマホの画面を拡大して立体視できる仕組み
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら