ある日突然、遅くなったり接続できなくなったりしたら

 日ごろから問題なく利用できていた無線LANが、突然遅くなったりインターネットにアクセスできなくなったりするケースはよくある。そのような状況に陥ったら、まずどのSSIDに接続しているかを確認するとよい。

 パソコンは基本的に、1度入力したSSIDへの接続設定を保存し、その後は周囲の電波状態の良いSSIDに自動接続する仕組みになっている。付近に接続設定済みのSSIDが何個かある環境だと、何らかの要因で自分が望まないSSIDに接続してしまうことがある。

 無線LANルーターが5GHz帯のIEEE 802.11acとそれより低速な2.4GHz帯のIEEE 802.11nの2個のSSIDを持っていて、パソコンに両方の接続設定をしていると、電波状態などの影響で2.4GHz帯のSSIDに自動接続してしまうことがある。また過去、インターネットにつながっていないSSIDに間違って接続した際の設定が保存されており、接続場所を移したタイミングなどでそのSSIDに自動接続されると、その時点からインターネットは利用できなくなる。

 こうした事態を避けるには、接続を回避したいSSIDに対して自動接続を防ぐ設定をすればよい。Windows 10の場合はタスク バーから無線LANの接続設定を開き、一覧で該当する無線LANルーターをクリックして「自動的に接続」のチェックを外しておけば、勝手に接続されることはない。

無線LANの通信が遅くなったりつながらなくなったりしたら、無線LANの設定を開き、接続先を確認しよう
[画像のクリックで拡大表示]

 所有する無線LANルーターの適切なSSIDに接続していることを確認できてもなお遅い、あるいはつながらないといった状況が改善されなければ、無線LANルーターの再起動を試みてみよう。無線LANルーター自体に問題があるならば、これで解決することもある。IPアドレスの割り当てなどをやり直した方がよいケースもあるので、同時にパソコンも再起動した方がよいだろう。

田代 祥吾(たしろ しょうご)
パソコンの周辺機器メーカーなどを経て、現在はフリーランスライターとして活動。日経PC21や日経パソコンなどで記事を執筆している。得意ジャンルはパソコンやスマートフォン、自動車、アキバ系サブカルチャーなど。