住宅が完成した際に、建て主が無償での補修を求めるケースは少なくない。いわゆる「ダメ工事」だ。そんな無償での対応に際限なく応じていると、住宅会社の利益はあっという間に吹っ飛んでしまう。かといって、対応を誤れば、インターネットなどを通じて悪評を流されかねない。ダメ工事の問題で四苦八苦しないための処方箋を探る。

[画像のクリックで拡大表示]

[目次(カッコ内は掲載予定日)]

  • 「浴槽も壁紙も全部取り替えろ」、無理難題で利益吹っ飛ぶ(10月3日)
  • 信用できない監督に代わって建て主が補修指示(10月5日)
  • 基礎下の竹の根があだとなり200万円の値引き(10月10日)
  • 完成時の傷補修は8割近くが内装(10月12日)
  • 養生の徹底で住宅の補修費用を5000円に(10月17日)
  • 民法改正で重要性増す早期の“火消し”、住宅工事クレーム(10月19日)

※掲載予定記事のタイトル、内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。