吹き付け断熱材を施工する際に、専門工事会社に任せっきりにするのは危険だ。特に屋根断熱で採用する場合、住宅会社は事前の準備を忘れがちで、施工ミスが生じやすいので注意が必要だ。(日経ホームビルダー)

 ここ数年、現場検査に訪れた住宅を見ていると、採用する断熱材の種類に変化が生じているようだ。従来は、袋入りのグラスウールを使う現場が多かった。だが、最近は地域のビルダーを中心に、現場発泡タイプの吹き付け断熱材「建築物断熱用吹き付け硬質ウレタンフォームA種3」を採用する住宅が増えている。

 断熱材の施工ミスも増えてきた。吹き付け用の断熱材「硬質ウレタンフォームA種3」の特性に慣れていないせいもあるのか、思わぬ落とし穴にはまる住宅会社が少なくない。ポイントは、通気層と防湿層の確保だ。

 写真1は、木造2階建ての戸建て住宅で、断熱材の検査に入った現場の様子だ。一見問題がないように見えるが、現場を確認していたところ、屋根の断熱施工部分に通気層が設けられていないことが分かった。一般的には、野地板と硬質ウレタンフォームの吹き付け面との間に通気層を設ける。だが、この現場では、野地板に直接、硬質ウレタンフォームを吹き付けていた。

〔写真1〕屋根断熱の施工で、野地板に直接、建築物断熱用吹き付け硬質ウレタンフォームA種3を吹き付け施工した現場。この現場では、断熱材の室内側に防湿層を施工する予定がなかった(写真:カノム)
[画像のクリックで拡大表示]

 屋根断熱で、野地板と断熱材の間に通気層を設ける主な目的は、水分や水蒸気への配慮、つまり結露防止だ。屋根断熱を採用した場合、棟換気がないケースがほとんどだ。そのため、天井面の隙間などから断熱材に入り込んで野地板側に移動した水分や水蒸気が外部に抜けなくなる。冬季に野地板の温度が低くなっていれば、最悪の場合、結露が生じる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら