構造用合板でのくぎの施工ミスである“めり込み過ぎ”は耐震性を損なうリスクをもたらす。引き渡し後に発覚すれば、建て替えに至ることも。ポイントを押さえておこう。(日経ホームビルダー)

 施工後に隠れて見えなくなってしまえば施工ミスはばれないもの――。こんな考え方をしていては危ない。意外なきっかけで欠陥は見つかるものだ。

 写真1の事例は、そんな現場の1つ。築3年目のツーバイフォー構法の住宅でくぎの施工ミスが見つかった。写真の箇所では、厚さ9mmの構造用合板を留め付けていたくぎが約6mmめり込んでいた。

〔写真1〕雨漏りの疑いがきっかけで発覚した、構造用合板のくぎの施工ミス。この箇所は、厚さ9mmの合板にもかかわらず、表面から約6mmめり込んでいた(写真:カノム)
[画像のクリックで拡大表示]

 くぎの施工ミスが見つかったきっかけは、外壁のモルタルに生じたひび割れだった。壁一面にひびが現れたほか、変色も発生。雨漏りを疑った建て主は、施工会社に依頼して原因を探ることにした。

 外壁のモルタルの一部を撤去し、さらに透湿防水シートを剥がして状況を確認していたところ、作業に立ち合っていた建て主のA氏は「構造用合板を留め付けているくぎが深くめり込んでいる…」と気が付いた。

 くぎのめり込みが気になったA氏。さらに周辺を調べてみると、めり込んでいる個所は複数あった〔写真2〕。それぞれのめり込みの深さを測ってみると、平均して約4mmめり込んでいることが分かった。

〔写真2〕合板厚さの半分程度までくぎがめり込み
透湿防水シートをめくって建て主がくぎの施工状況を確認した。見える範囲で調べたところ、いずれのくぎも4mm程度めり込んでいることが分かった(写真:カノム)
[画像のクリックで拡大表示]

 不安になったA氏は、構造用合板に留め付けるくぎのめり込みについて、インターネットで検索した。すると、めり込み過ぎたくぎは施工不良であるという情報に行き当たった。ますます不安に陥ったA氏。施工会社に雨漏りの修理を依頼すると共に、施工不良を指摘して構造用合板の張り替えを求めた。

 この現場の問題は現在も解決していない。現場を担当した瑕疵保険会社は欠陥を認め、建て替えを施工会社に促している。しかし、施工会社は瑕疵保険が適用されるものの自己負担が生じることを嫌い、首を縦に振ろうとしない状態だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら