ここへ来て折り畳み式スマートフォン(折り畳みスマホ)の発表が相次いでいる。

 韓国Samsung Electronics(サムスン電子)は、2018年11月7~8日の開発者向けイベントで「Infinity Flex Display」を数カ月以内に量産すると発表した。11月14日には、有機ELのベンチャー企業の中国Royole(柔宇科技)が中国・深センで開催の「中国国際高新技術成果交易会」で折り畳みスマホ「FlexPai」を発表。中国Huawei Technologies(華為技術)も折り畳み式の開発品を韓国の通信事業者に披露したと報じられ、近々の製品化を計画している。

 世界のスマートフォンメーカーが折り畳みスマホの一番乗りを競っている状況だ。各社は製品化に先立ち特許を出願している(図1)。

図1 各社の代表的な特許出願と代表図
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら