日本が誇る「伝統」の代名詞というイメージがある日本酒。古くから受け継いできた手法の継承にこだわる一方で、最新の技術を導入し、大胆な工場改革を進める日本酒の酒蔵も増えている。

 老朽化した設備の更新と同時に、日本酒という「製品」の企画を見直し、それに沿って工場を再整備する。工場改革と並行して海外市場への進出をもくろみ、酒造りの人員を大胆にリストラ(再構築)する。伝統を受け継ぐ「企業」の在り方を大幅に見直す酒蔵も珍しくない。

 この連載は「酒蔵の工場改革」をテーマに、自らも日本酒を嗜む記者が、日本酒製造に新たな息吹を吹き込もうとする全国各地の酒造を訪ね歩く。