2020年夏の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで、あと2年。移動、観戦、宿泊などに関するバリアフリー関連の基準などを見直す動きが活発だ。利用者にとって快適な建築、駅、都市をつくったはずでも、想定しなかったバリアを訴える人が現れる。多様性がもたらすバリアの根絶は簡単ではない。だがそれは「新たな市場」と見ることもできる。