複数の異なる材料を適材適所で使う「マルチマテリアル」設計。クルマのボディーでは欧米に日本企業は後れていると言われます。ところが、欧米企業がまだ使っていない超高張力鋼板とアルミニウム合金の異種材料接合をこなす自動化設備が日本から登場しました。実用化できれば、先行する欧米企業に追いつき、追い越せるかもしれません。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら