企業や家庭のパソコンにはプライベートIPアドレスが割り当てられている。そのままでは、グローバルIPアドレスで運用されているインターネットにアクセスできない。そこで活躍しているのが「NAT」だ。NATの基本や仕組み、そしてオンラインゲームを例にどう動いているのかを学ぼう。

 NAT(Network Address Translation)は、ネットワークの内部と外部で通信する際、送信元や宛先のIPアドレスを書き換える技術である。ほとんどのルーターがNATの機能を備える。歴史的にはIPv4アドレスの枯渇問題やP2P通信と深い関係にある。ここでは、NATの基本的な仕組みや、使われる場面などを見ていこう。

 企業や家庭のLANではプライベートIPアドレスを使う。これに対し、インターネットはグローバルIPアドレスで運用されている。そこで必要となるのがNATである。NATはプライベートIPアドレスを持つ端末がインターネットにアクセスするための技術といえる。

 ネットワーク内部の端末が外部(インターネット)のサーバーにアクセスするとき、ルーターのNAT機能は送信元プライベートIPアドレスを、自身が保持しているグローバルIPアドレスに書き換えて送信する。

IPアドレスを書き換えてインターネットとの通信を可能に
[画像のクリックで拡大表示]

 ルーターは、ネットワーク内部にある端末のIPアドレスと、変換するIPアドレスの対応表である「NATテーブル」を管理している。これによりIPアドレスをどのように変換すべきか、わかるようになっている。

 アクセス先のサーバーにとっては、パケットの送信元はネットワーク内部の端末であるにもかかわらず、アクセスしてきたのはルーターの外部側のグローバルIPアドレスのように見える。

 逆に外部ネットワークからルーターが保持するグローバルIPアドレスにアクセスがあった場合、ルーターはNATテーブルを参照して、宛先IPアドレスをネットワーク内部にある端末のプライベートIPアドレスに書き換えて送信する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら