USBの速度はバージョンによってかなり差がある

 自分のパソコンが搭載しているUSBポートの速度を知るには、「転送モード」という仕様を調べれば分かる。しかし転送モードという言葉が使われることはあまりなく、一般的にはUSB 2.0やUSB 3.0といったUSB規格の通称が使われることが多い。

 速度に関するUSB規格の通称と転送モード、速度の関係を下の表にまとめた。Thunderbolt 3はUSB規格ではないが、Type-Cの拡張性を利用したUSB 3.1 Gen.2の上位互換規格として実装例が多いため、参考として含めている。なおThunderbolt 3については、本特集の次回で説明する。

USBの速度
USB規格(通称)最速転送モード最大通信速度
USB 2.0Hi Speed480Mビット/秒
USB 3.0/USB 3.1 Gen.1Super Speed5Gビット/秒
USB 3.1 Gen.2Super Speed Plus10Gビット/秒
Thunderbolt 3Super Speed Plus10Gビット/秒(USB)
40Gビット/秒(Thunderbolt 3)

 気を付けたい点が2つある。1つは、同じUSB 3.1でもGen.1なのかGen.2なのかで速度が変わってくる点。もう1つは、USB 3.0とUSB 3.1 Gen.1は同じ速度(5Gビット/秒)を指していることだ。本稿では、USB 3.1 Gen.1とUSB 3.0については、以後USB 3.0で統一して記載する。

 USBは下位互換性が確保されているため、コネクターの形状が合えば新旧問わず接続できる。例えばパソコンのUSB 2.0ポートにUSB 3.0対応の周辺機器を接続しても動作はするが、速度は遅いほうに合わせられる。最近のパソコンでもUSB 2.0のポートを持っているものがあるが、これはマウスなどあまり速度を要求しないデバイスの接続用と考えたほうがよいだろう。

 また、ケーブルにも対応速度がある。5Gビット/秒対応のケーブルと10Gビット/秒対応のケーブルでは少し規定が変わっているので、USB 3.1 Gen.2対応の周辺機器を使う場合には、10Gビット/秒対応が明記されたケーブルを使うことが望ましい。

 USB 2.0のポートとUSB 3.0のポートは外観で見分けが付くこともある。下の写真のように、USB 3.0のポートには「Super Speed」を示す「SS」という刻印が付いている場合があるためだ。また、Super Speed対応ポートにはコネクターの色を青にすることが推奨されているため、USB 3.0ポートには青色を採用する製品が多い。ただしあくまで推奨であり、青ではない場合もあるので注意が必要だ。

USB 2.0ポート(左)とUSB 3.0ポート(右)
[画像のクリックで拡大表示]
USB 3.1 Gen.2対応ポートは、上位互換規格のThunderbolt 3にも対応しているものが多い。稲妻のマークがThunderbolt 3対応であることを示している
[画像のクリックで拡大表示]